芸能

夏ドラマ美女「残暑の追い込み色香」(3)上野樹里の変化は結婚が原因?

 8月19日放送の第6話で視聴率14.4%を叩き出すなど、フジ系「月9ドラマ」の新作として、7年ぶりの連ドラ視聴率トップが見えてきたのが「監察医 朝顔」だ。快進撃を続ける背景に、ヒロイン・上野樹里(33)の変化がささやかれている。

「上野が下っ端のスタッフにもフレンドリーに話しかけるなど、和気あいあいとやっている。以前の彼女を知るスタッフからは『人が変わったようだ』と好評なんです」(フジ関係者)

 上野といえば、これまでスタッフに対する態度の悪さから、たびたび『一緒に仕事をしたくない女優』として名前があがってきた。

「大女優病」とまでヤユされた上野はなぜ変わったのか。

「彼女に近い関係者の間では『16年にミュージシャンの和田唱と結婚したことが大きい』と言われている。それまで周囲の人間に強がり続けていた上野に対して、義母となった平野レミが自然体を植え付けました。今作の現場で上野はスタッフの前でスッピン姿を披露するほどで、これも『色気がある』と絶賛されまくりなんです」(フジ関係者)

 日本テレビ系「偽装不倫」のヒロイン・(33)は父親ネタで現場を盛り上げていた。放送作家が語る。

「杏の鉄板ギャグが渡辺謙のものまねなんです。『文字が小さくて読めない!』と『ハズキルーペ』のCMを再現してスタッフを笑わせています」

 そんな同作も、「2桁の壁」に苦しんでいる。序盤こそ2桁超えだったものの、第3話から第6話まで、いずれも2桁に届きそうで届かない9%台。スタッフが「このままではメンタルがやられる」と漏らす状況が続いていたという。しかし、この危機を救ったのが杏本人の気遣いだった。

「彼女が現場に差し入れてくれる、ぬか漬けが驚くほどおいしく、これがスタッフの心のオアシスとなったんです。ドラマも第7話からみごとに2桁復帰。『ぬか漬けのおかげで乗り切れた』とまで言い切るスタッフもいますよ」(放送作家)

 視聴率低迷にあえぐTBS系「Heaven?~ご苦楽レストラン~」はひたすらヒロイン・石原さとみ(32)のサービスカット頼みである。

「現場で『視聴率回復のカギはSNSしかない』と言われている。8月27日、第8話の放送前に公式ツイッターに投稿された写真は、志尊淳と完全に立ちバックの体勢になった石原が恍惚の表情を浮かべている1枚です。最終回に向けて、さらにエゲツない写真を拡散させることが予想されます」(放送作家)

 どの現場も激しい追い込みにさしかかり、エロス合戦の様相を呈している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
4
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”