芸能

「あな番」西野七瀬の正体を隠しきった制作陣のファインプレーとは!?

 9月8日に放送された「あなたの番です」(日本テレビ系)の最終回にて、連続殺人事件の犯人が女子大生の黒島沙和(西野七瀬)であることが明かされた。その黒島は主人公の手塚翔太(田中圭)や大学院生の二階堂忍(横浜流星)を前に、みずからの犯行について説明。そのモノローグに沿って、犯行時の再現映像が映し出され、視聴者を驚かせていた。

「次々と殺人を犯す黒島は『人を殺すことを愛している』との言葉通り、愉悦の笑みを浮かべながら犯行に手を染めていました。ただでさえ類まれなる美人なのに加え、快楽殺人に身を任せる姿には鬼気迫るものがあり、視聴者から《恐怖に身の毛もよだつとはこのことか!》との声が出たのも納得でしょう」(テレビ誌ライター)

 全20話の長丁場だった本作にて、最終回で一挙に明かされた殺人の現場。まさにクライマックスにふさわしい最終回となったが、その放送を大きく盛り上げる原動力となったのは、制作陣によるファインプレーだったという。テレビ誌ライターが続ける。

「各犯行の回想シーンでは第4話の赤池夫妻にしろ第7話の浮田にしろ、その犯行現場にて黒島が殺人を実行した場面が描かれていました。すなわちこれらの殺人場面は第4話や第7話の収録と同時に撮影されていたわけです。そうなると『あな番』の関係者はかなり早い段階から連続殺人事件の黒幕が黒島(西野)であることを知っていたことになり、実に3~4カ月の長きにわたって情報漏れを防いでいたことになります。しかしドラマの関係者は相当な人数に及びますから、その全員に対して口止めを徹底できた背景には、制作陣による不断の努力や気配りがあったことは想像に難くありません。SNS全盛時代の現在、この徹底したかん口令には敬意を表したいですね」

 そんな情報統制のおかげで、視聴者が毎週の考察を楽しめたことは間違いない。今頃、本作の制作陣は、張り詰めていた緊張感からの解放感を味わっているのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声
5
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!