芸能

どぶろっく優勝の「キングオブコント2019」、放送したTBSが頭を抱えていた!?

 コント日本一を決める「キングオブコント2019」の決勝戦が9月21日にTBS系で生放送され、04年結成のベテランコンビ「どぶろっく」が12代目キングに輝いた。二人は得意とする下半身ネタで正面突破を図り、これがみごとにハマって爆笑を取ることに成功。優勝が決まるとボーカル担当の江口直人が涙を流し、視聴者の感動を呼んでいた。だが、この結果に至る「展開」に番組関係者が頭を抱えているというのだ。お笑い系ライターが耳打ちする。

「決してどぶろっくの優勝にケチをつけるわけではありません。むしろ番組側が問題にしているのはファイナルステージに進出した他の2組です。『うるとらブギーズ』は完成度の高いネタでお笑いファンをうならせましたが、彼らは東京NSC10期生でオリエンタルラジオやトレンディエンジェルと同期であり、どぶろっくとも同期になります。年齢も37歳と34歳のコンビで若々しさがなく、たとえ彼らが優勝していたとしても盛り上がりに欠けていたのは確実でしょう」

 そしてそれ以上に番組側をガッカリさせたのが、「ジャルジャル」のファイナルステージ進出だという。お笑い系ライターが続ける。

「彼らは年齢こそどぶろっくより5歳ほど若いものの、芸歴では先輩に当たり、目新しさのカケラもありません。しかも肝心のネタが会場ではさほど受けておらず、それでいて高点数をゲットしたため、ネットでは『吉本の身内びいきだ!』との罵声が飛ぶ始末。それもあって今回は《お笑い界の新たなスターを発掘》という番組の目的がまったく達成できてないと、関係者が頭を抱えるのも無理はないでしょう」

 視聴者からは練り込まれたネタを披露した「かが屋」や、巧みな腹話術を披露した「ゾフィー」の落選に疑問を呈する声も続出。もしジャルジャルが優勝していたら、番組に大批判が集中していたのは確実だろう。それゆえ番組関係者はこの大一番にあえて「大きなイチモツをください~♪」というドシモのネタをブチ込んできたどぶろっくに、深く感謝しているに違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!