社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<動脈硬化>「腕と脚の血圧測定でわかる血管年齢」

 健康診断でコレステロール値が高かった。「このままいくと動脈硬化になり、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクがあります」と医師から忠告を受けたことがある人は多いはず。

 動脈硬化とは血管壁が厚くなったり硬くなった状態。食べすぎや飲みすぎなどが続き、血管内側にコレステロールなどの脂肪が付着し、血管が狭く硬くなることで、血液の流れが悪くなるのだ。

 動脈硬化のリスクを総合的に判断する指標が「Non-HDLコレステロール」。この基準範囲は90~149mg/竕で、150~209になれば要注意、210以上で異常となる。

 この動脈硬化、中高年が注意すべきものだと思っている人は多いだろう。だが、動脈の変化は10歳前後から進んでいて、3 0歳頃には動脈硬化の徴候がすでに現れてくる。リスクは若い頃から着々と積み重ねられているわけだ。

 原因として糖尿病や高血圧、高脂血症、肥満、喫煙などが挙げられるが、恐ろしいのは、動脈硬化に自覚症状がないこと。そのためにも日頃から状態をチェックすることが必要だ。検査方法としては血圧脈波検査のCAVI(キャビイ)とABI(エービーアイ)が挙げられる。CAVIは動脈の硬さを、ABIは 下肢動脈の狭窄を調べることができる。

 検査自体は、ベッドに寝て両脚と両腕で血圧を測るだけでできる簡単なもの。CAVIは9.0を超えると心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなり、ABIは0.9を下回ると足の動脈が詰まる閉塞性動脈硬化症が疑われる。

 リスク軽減のためには、禁煙と適度な運動、食事改善が欠かせない。食事も納豆や青魚、梅干しや酢などのクエン酸、赤ワインやブドウ、緑茶、ココアなどのポリフェノール、ビタミンを積極的に摂るように心がけたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す