スポーツ

集中連載ダルビッシュとマー君「異次元快投」の真相(2)超頭脳派で本格派の投手

 翌日、ダルビッシュは中4日のマウンドに上がった。高校時代を仙台で過ごしたこともあり、第二の故郷に勇気を与えたいと、特別な思いで試合に望んでいた。Kスタでは今季3度目のマウンド。昨年までは「スタンドの赤いのが苦手」と語っていたが、今季負けがない。ところが、7回を投げ終え1─0でリードしている場面で、梨田昌孝監督は交代を告げた。
 結局、次の回で後続が打たれて、ダルビッシュの17勝目は消えた。試合後のロッカーでダルビッシュは荒れた。後続が打たれたことよりも、100球そこそこで替えられたことへの悔しさに見えた。そんなヤワな投手ではないと言いたかったのかもしれないし、そう見えた自分に対するふがいなさだったのかもしれない。
 開幕当初から「1人だけ次元が違う投手」という評価がされていた。他チームのスコアラーたちも「ダルビッシュから1点を取ることさえ大変」と頭を抱えるばかりだった。開幕戦こそ3失点で負け投手になったものの、その後は8連勝と向かうところ敵なし。圧巻は5月10日の楽天戦から続いていた連続イニング無失点で、記録はパ・リーグ2位(歴代では11位)の46イニングで止まり、パ・リーグ新記録となる4試合連続完封勝利も逃したが、その原因が暴投というのが、いかにもダルビッシュらしかった。
「低めに投げるとバッターに合わせられそうで嫌だった。空振りの取れるゾーンから、もうひと伸びしてしまった」
 と本人は語ったが、同時に、ボール自体に違和感を感じてもいたようだ。翌日の新聞で白井球審は、このように述懐していた。
「ボールが滑るので、もっとボールを土でこねてほしいとダルビッシュに言われたが、試合前にもうやっているのでできないと答えた。しっくりこなかったのだろう」
 つまり、しっくりきてさえいれば、無失点記録はさらに続いていた可能性が高い。逆に言えば、それだけ敏感な指先を持っているから、今の成績を残せるのであろう。繊細な指先のフィーリングによって、いろいろな球種を投げ分けているからだ。
 とはいえ、本人は「記録はまったく気にしていない」とどこ吹く風。日ハム・吉井理人投手コーチも「そのあとに、あとを引かないのが今年のダルビッシュの成長」と認めるように、その後も順調に勝ち星を伸ばしている。開幕戦以外は自責点3点以上取られたことがないのだから、お手上げである。
「速い球で攻めるだけではないから的がしぼれない。彼の頭の中を割って見てみたい。超頭脳派の本格派投手とでも言うのでしょうか」
 オリックスの依田栄二スコアラーも舌を巻くのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”