芸能

天才テリー伊藤対談「中村静香」(1)番組企画でお酒にハマッてしまって

●ゲスト:中村静香(なかむら・しずか) 1988年、京都府生まれ。2003年、「第9回全日本国民的美少女コンテスト」の決勝に進出し、オスカープロモーションに所属。以降、グラビアを中心に各方面で活躍。06年公開の「幸福のスイッチ」で映画デビューし、映画・ドラマ・舞台で女優としても活動している。13年、バラエティー番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)の酔った姿のかわいさを競う「アイドル飲み姿カワイイGP」で優勝したのを機に酒好きキャラが定着。現在は「スナック 胸キュン1000% ママこの人つれて来た!」(BS12 トゥエルビ)、「カイモノラボ」(TBS系)にレギュラー出演、月刊誌「家電批評」(晋遊舎)にて「酒と静香とノマドと肴」連載中。4年半ぶりの写真集「Hao!」(ワニブックス)が発売されたばかり。

 Fカップのグラマラスボディを武器にして、グラビアアイドル・タレントとして活躍する中村静香。30代を迎えて大人の魅力をまとった彼女に天才テリーが肉迫、最近増え始めたお酒の仕事の裏話、新境地にチャレンジした最新写真集へのこだわりをドカッと引き出した!

テリー 飲み物は何にしよう。昼だけど酒もいいよ。

中村 アハハハ、ソフトドリンクで大丈夫です。

テリー 最近はすっかりお酒のイメージで、大人になっちゃったな。前にしーちゃんがこのコーナーに来てくれたの、23歳の時なんだよ。

中村 今31歳なので8年ぶりなんですね。おかげさまでグラビアを継続してやらせていただいています。DVDはこれまで43作、写真集は今回5冊目が出ました。

テリー このグラビアアイドル冬の時代に、出し続けていられるのが偉いよね。

中村 後輩のグラビアアイドルの子たちが続々と出てきた時期は正直「もう私、このまま消えてしまうんじゃないか」と思ったりもしましたが、地道に続けてきたことで、よかったこともたくさんありましたし。

テリー 仕事の幅も広がったしな。

中村 はい、テレビやイベントへの出演、雑誌の連載をさせていただいたり。さっきの話じゃないですが、お酒関係のお仕事がずいぶん増えました。

テリー そもそも、そんなにお酒が好きだったっけ。

中村 いえ、20歳ぐらいの時は梅酒でもキツかったんですが、6年ぐらい前、テレビ東京「ゴッドタン」の「アイドル飲み姿カワイイGP(グランプリ)」に呼んでいただいたんです。ディレクターの方とサシで2時間お酒を飲んで、酔った姿がいちばんかわいいアイドルを決めるという企画なんですが、1回目でいきなり優勝したんですよ。

テリー へえ、おもしろいね。

中村 最初は緊張して全然酔えなかったんですが、後半になるとまったく知らなかった自分が出てきて。その時初めて「私、こんなにハジけられるんだ!」ということを知って、そこから一気にハマッちゃいました。

テリー どんなふうにハジけちゃったの。

中村 ものすごくご機嫌になって、最後はソファーから転げ落ちたり(笑)。結局、その企画で3連覇して「殿堂入り」を果たしたあと、いろいろな番組に呼んでいただいて。おかげさまで「サンデー・ジャポン」にも出られました。

テリー じゃあ、今度は酔っ払って来るといいよ。

中村 えっ、あんな真面目な番組に?

テリー 大丈夫だよ、おもしろければ。ちなみに、どのぐらい飲めるの。

中村 最高は2時間でビールジョッキ20杯です。

テリー うわぁ、そんなにビールを飲むのか。俺、飲まないからわからないけど同じ味でよく飽きないな。

中村 普通はジョッキ2~3杯でハイになって、そこからあとの楽しい時間はありとあらゆるお酒を楽しみます。ウーロンハイ、レモンサワー、マッコリに焼酎とか‥‥。

テリー マッコリって強いお酒じゃなかったっけ。

中村 はい。でも目の前にあると、つい飲んじゃうんですよね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」