芸能

加藤浩次、10年以上も前に吉本からの独立を画策していた!?

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次が、自らが取締役を務める個人事務所の所属になったと明かした。10月13日放送の「極楽とんぼのタイムリミット」(AbemaTV)にて語ったもの。

 加藤は吉本興業と10月1日にエージェント契約を交わしたと説明。これにより現在の所属事務所は吉本ではなく、妻が代表を務める「有限会社加藤タクシー」になったと語った。相方の山本圭壱からタクシー会社のような社名についてツッコまれると、「うちの会社の名前が“有限会社加藤タクシー”なだけ」と念押し。だがこの社名について、ネット上では疑問が噴出しているというのだ。

「各メディアでは《加藤が個人事務所を設立》と報じていますが、加藤の明かした社名が正しいのであれば、新たに会社を作ったのではないことになります。というのも06年5月1日に有限会社法が廃止され、新規に有限会社を設立することができなくなったため、加藤タクシーはそれ以前に設立されたことになるからです。一部では《“有限会社加藤タクシー”が会社名なのでは?》との指摘もありますが、会社法第6条には『他の種類の会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない』と定められているので、その説は否定されます」(週刊誌記者)

 そうなると加藤は、遅くとも06年4月には自分の事務所を構えていたことになる。そうなると闇営業問題に端を発した“加藤の乱”どころの騒ぎではなく、13年以上も前に加藤は吉本からの独立を考えていたということだろうか。

 しかし当時の加藤はまだ37歳。すでに人気も実績も十分だったとはいえ、まだ中堅芸人に過ぎず、独立を画策するのはいささか早計なはずだ。ただその時期の加藤には、自分の事務所を作るべき理由があったという。週刊誌記者が続ける。

「加藤の代表的な番組といえば、加藤の乱をぶちあげた場でもある情報番組の『スッキリ』(日本テレビ系)で、その総合司会に就任したのがまさに06年4月だったのです。当時の加藤にとっては大抜擢であり、安定した高収入も約束されたも同然なので、節税対策に個人事務所を設立した可能性があります。普通なら30代の中堅芸人が個人事務所を作りたいといっても吉本からけんもほろろに扱われるでしょうが、『スッキリ』総合司会の就任祝いとして事務所設立が認められたのかもしれません」

 これまでは個人事務所があるとはいえ、節税以上の目的はなかったはず。それが今後は自らの所属事務所として機能するとは、当の加藤本人も驚いているのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”