芸能

加藤浩次、10年以上も前に吉本からの独立を画策していた!?

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次が、自らが取締役を務める個人事務所の所属になったと明かした。10月13日放送の「極楽とんぼのタイムリミット」(AbemaTV)にて語ったもの。

 加藤は吉本興業と10月1日にエージェント契約を交わしたと説明。これにより現在の所属事務所は吉本ではなく、妻が代表を務める「有限会社加藤タクシー」になったと語った。相方の山本圭壱からタクシー会社のような社名についてツッコまれると、「うちの会社の名前が“有限会社加藤タクシー”なだけ」と念押し。だがこの社名について、ネット上では疑問が噴出しているというのだ。

「各メディアでは《加藤が個人事務所を設立》と報じていますが、加藤の明かした社名が正しいのであれば、新たに会社を作ったのではないことになります。というのも06年5月1日に有限会社法が廃止され、新規に有限会社を設立することができなくなったため、加藤タクシーはそれ以前に設立されたことになるからです。一部では《“有限会社加藤タクシー”が会社名なのでは?》との指摘もありますが、会社法第6条には『他の種類の会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない』と定められているので、その説は否定されます」(週刊誌記者)

 そうなると加藤は、遅くとも06年4月には自分の事務所を構えていたことになる。そうなると闇営業問題に端を発した“加藤の乱”どころの騒ぎではなく、13年以上も前に加藤は吉本からの独立を考えていたということだろうか。

 しかし当時の加藤はまだ37歳。すでに人気も実績も十分だったとはいえ、まだ中堅芸人に過ぎず、独立を画策するのはいささか早計なはずだ。ただその時期の加藤には、自分の事務所を作るべき理由があったという。週刊誌記者が続ける。

「加藤の代表的な番組といえば、加藤の乱をぶちあげた場でもある情報番組の『スッキリ』(日本テレビ系)で、その総合司会に就任したのがまさに06年4月だったのです。当時の加藤にとっては大抜擢であり、安定した高収入も約束されたも同然なので、節税対策に個人事務所を設立した可能性があります。普通なら30代の中堅芸人が個人事務所を作りたいといっても吉本からけんもほろろに扱われるでしょうが、『スッキリ』総合司会の就任祝いとして事務所設立が認められたのかもしれません」

 これまでは個人事務所があるとはいえ、節税以上の目的はなかったはず。それが今後は自らの所属事務所として機能するとは、当の加藤本人も驚いているのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”