芸能

「とくダネ!」古市憲寿の担当曜日に出演でまたも上がった石黒賢の“不要論”

 9月末から、朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で“スペシャルキャスター”として出演している石黒賢への“不要論”が止まらない。

「『とくダネ!』では、長年アシスタントを務めていた笠井信輔アナが卒業してフジを退社したのと同時に番組を刷新。月曜は石黒賢、火曜はカズレーザー、水・木曜が古市憲寿氏、金曜がサッカー元日本代表の鈴木啓太氏を日替わりの“キャスター”として加え、再スタートを切りました。しかし、当初からネット上では《急になんで石黒賢?》といった疑問が飛び交っていたんです」(テレビ誌記者)

 石黒の父親は、言わずと知れたテニスプレーヤーの故・石黒修さん。本人も学生時代にテニスを続け、今はテニス中継でゲストとして呼ばれることもあるだけに、「とくダネ!」でもスポーツ担当の位置づけで、自身がプレゼンをするスポーツ企画は無難にこなしているように見えるのだが…。

「前提として、もちろん俳優のイメージが強いだけに、視聴者にとって、まず“いきなり感”は強かったのでしょう。53歳にして今も変わらず爽やかキャラだけに、朝の番組には向いているとは思われましたが、スポーツ以外のニュースを扱った際には、まあロクなコメントが出てこない(笑)。教師間のいじめ問題を取り上げた際は、『学校の中核を担う先生だったので、その人たちがこんなことするんだと』、台風19号の被害状況を報じた時には『ボクも恐怖を感じました』など平々凡々で、明るいニュースの時はニコニコしているばかり。10月30日などは、番組の都合からか水曜日、しかも今人気を集める古市氏の代わりで週2度目の出演だっただけに、よけいに《なぜ石黒?》の声が出ていましたね」(夕刊紙記者)

 東京五輪までもつかどうか、である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”