芸能

天才テリー伊藤対談「森咲智美」(1)見せたがりなので衣装を改造したんです

●ゲスト:森咲智美(もりさき・ともみ) 1992年、愛知県生まれ。2016年4月に上京、グラビアを中心に活動を開始。17年に発売したDVD「Virginal」が同年のDMM.comの「アイドル動画年間作品ランキングベスト100」で1位を獲得するなど、めざましい活躍を見せる中、「エロ過ぎるグラビアアイドル」としても話題に。18年には“今年最も輝いたグラドル”を決める「グラビア・オブ・ザ・イヤー」でグランプリを獲得。インスタグラムに投稿するセクシー写真が日本のみならずアジア圏やアメリカでも人気となり、フォロワー数が170万人を突破。セカンド写真集「812/15934」(ワニブックス)発売中。

「日本一エロすぎるグラドル」のキャッチフレーズを旗印に、DVDや写真集、SNSで世の男たちを挑発し続ける森咲智美。対談にも己の魅力を熟知したお色気衣装で大胆に登場、Gカップの深い胸の谷間を目にして、天才テリーの過激なツッコミもさらに鋭くなっていく!?

テリー おおっ、床に落っこちそうな大きいオッパイだ。さっそくだけど、インスタグラムのフォロワー数が170万人もいるんだってね。

森咲 はい、一応、グラビアアイドルの中ではいちばん多いらしいです。

テリー それ、選挙で当選するレベルの人数だよ、立候補してみたら(笑)。で、出身は愛知なんだ。

森咲 はい、名古屋の大須で「OS☆U(オーエスユー)」というご当地アイドルの第1期メンバーとして17歳から活動していました。

テリー アイドルへの憧れは前からあったの。

森咲 それまでごく普通の高校生で、たまたまエキストラの応募があったので行ってみたら、事務所の社長がちょうどアイドルを立ち上げようとしていた時で、声をかけられて。そのままオーディションを受けたら、合格しちゃいました。

テリー 俺、アイドルには詳しくなくて申し訳ないんだけど、どういう活動をしていたの。

森咲 大須を盛り上げる地元の関連イベント出演が中心です。あと私の在籍時、メジャー発売したシングル「ガンガン☆ダンス」は、オリコンチャート2位に入りました。

テリー それはすごい。さすがにその頃は、今みたいなオッパイアピールはできなかったでしょう。

森咲 はい、かわいい衣装でしたから。でも私は露出狂なので(笑)、自分で衣装を切ってスカートをすごく短くしたり、胸の谷間が見えるように改造しちゃっていました。

テリー 偉い! でも、他のメンバーから「あんただけ目立たないで!」みたいなクレームが出そうだな。

森咲 リーダーから「ルールがあるんだからやめて」みたいなことは言われましたね。でも「個性だからいいじゃない!」って返していました。

テリー フフフ、気が強いなァ。

森咲 一応、それなりに人気があって結果も出していたので、無理やり押し通した感じです(苦笑)。あとSNS上でのファンとの交流も基本、禁止だったんですけれど、私はファンの言葉に返事をしたくて、それをやってまた怒られて、みたいなことが続きました。

テリー アイドル時代もなかなか大変だったんだな。収入も厳しかったんじゃないの。

森咲 最初の頃は月3万~4万円くらいでしたから、やっぱりバイトは必須でした。やったのは、うどん屋さんやビアガーデン、テレアポなんかで。

テリー そういうところでこっそり男と会ったりしていたんだろう。

森咲 フフフ、アイドル時代は恋愛禁止だったので。

テリー なんだよ、そういうところだけはしっかりルールを守っているんだな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…