芸能

天才テリー伊藤対談「森咲智美」(1)見せたがりなので衣装を改造したんです

●ゲスト:森咲智美(もりさき・ともみ) 1992年、愛知県生まれ。2016年4月に上京、グラビアを中心に活動を開始。17年に発売したDVD「Virginal」が同年のDMM.comの「アイドル動画年間作品ランキングベスト100」で1位を獲得するなど、めざましい活躍を見せる中、「エロ過ぎるグラビアアイドル」としても話題に。18年には“今年最も輝いたグラドル”を決める「グラビア・オブ・ザ・イヤー」でグランプリを獲得。インスタグラムに投稿するセクシー写真が日本のみならずアジア圏やアメリカでも人気となり、フォロワー数が170万人を突破。セカンド写真集「812/15934」(ワニブックス)発売中。

「日本一エロすぎるグラドル」のキャッチフレーズを旗印に、DVDや写真集、SNSで世の男たちを挑発し続ける森咲智美。対談にも己の魅力を熟知したお色気衣装で大胆に登場、Gカップの深い胸の谷間を目にして、天才テリーの過激なツッコミもさらに鋭くなっていく!?

テリー おおっ、床に落っこちそうな大きいオッパイだ。さっそくだけど、インスタグラムのフォロワー数が170万人もいるんだってね。

森咲 はい、一応、グラビアアイドルの中ではいちばん多いらしいです。

テリー それ、選挙で当選するレベルの人数だよ、立候補してみたら(笑)。で、出身は愛知なんだ。

森咲 はい、名古屋の大須で「OS☆U(オーエスユー)」というご当地アイドルの第1期メンバーとして17歳から活動していました。

テリー アイドルへの憧れは前からあったの。

森咲 それまでごく普通の高校生で、たまたまエキストラの応募があったので行ってみたら、事務所の社長がちょうどアイドルを立ち上げようとしていた時で、声をかけられて。そのままオーディションを受けたら、合格しちゃいました。

テリー 俺、アイドルには詳しくなくて申し訳ないんだけど、どういう活動をしていたの。

森咲 大須を盛り上げる地元の関連イベント出演が中心です。あと私の在籍時、メジャー発売したシングル「ガンガン☆ダンス」は、オリコンチャート2位に入りました。

テリー それはすごい。さすがにその頃は、今みたいなオッパイアピールはできなかったでしょう。

森咲 はい、かわいい衣装でしたから。でも私は露出狂なので(笑)、自分で衣装を切ってスカートをすごく短くしたり、胸の谷間が見えるように改造しちゃっていました。

テリー 偉い! でも、他のメンバーから「あんただけ目立たないで!」みたいなクレームが出そうだな。

森咲 リーダーから「ルールがあるんだからやめて」みたいなことは言われましたね。でも「個性だからいいじゃない!」って返していました。

テリー フフフ、気が強いなァ。

森咲 一応、それなりに人気があって結果も出していたので、無理やり押し通した感じです(苦笑)。あとSNS上でのファンとの交流も基本、禁止だったんですけれど、私はファンの言葉に返事をしたくて、それをやってまた怒られて、みたいなことが続きました。

テリー アイドル時代もなかなか大変だったんだな。収入も厳しかったんじゃないの。

森咲 最初の頃は月3万~4万円くらいでしたから、やっぱりバイトは必須でした。やったのは、うどん屋さんやビアガーデン、テレアポなんかで。

テリー そういうところでこっそり男と会ったりしていたんだろう。

森咲 フフフ、アイドル時代は恋愛禁止だったので。

テリー なんだよ、そういうところだけはしっかりルールを守っているんだな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故