エンタメ

「平成ギャグ」は生き残れるか!?

 昭和のギャグを振り返る一方で、平成のギャグに「国民的」と呼べるものがなかなか見当たらない。「だっちゅーの!」「そんなの関係ねえ!」「ヒーハー」──。どれも「そんなギャグもあったな」ぐらいの感想しかなく、現時点ですでに埋もれている。

 昨年、ブレイクした「ワイルドだろ?」も、短命のニオイがプンプンする。なぜ、現代で国民的ギャグは生まれにくいのか。

 放送作家でお笑いに関する著書もある元祖爆笑王氏に聞いてみた。

「アンケート結果からわかるように、昭和のギャグは番組またはCMで芸人、コメディアンが繰り返し、ヒットしたものが多い。ところが、平成生まれの人はもちろん、若い人たちが我々の業界に逆風とも言える『テレビを見ない風潮』になっています。見るとしても、ネット番組やDVDなど、あとはゲームのみです。

 つまり昭和は番組内でのギャグはもちろん、CMなどが毎回、嫌と言うほど連発され、頭に叩きつけられたので記憶に残っている。今はまったくと言っていいほど、残らないものとなっています。たとえ一時的に残っても、昭和のギャグのように再度、見る機会が減り、忘れ去られていきます。『テレビ離れ』が結局はギャグを生き残れないようにしているのかもしれませんね」

 お笑い文化はテレビという媒体の登場で大きく花開いた。その一方で喜劇映画は大きく衰退していった。

 歴史は繰り返されると言うが、バラエティ番組は衰退期に入っているのかもしれない。ただ、スマホでSNSやオンラインゲームに夢中になる世代が一様に笑うギャグは、今のところ出現していない。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!