芸能

KinKi Kids堂本剛は「川口春奈の師匠」だった!相思相愛な2人の「10年のカンケイ」

「silentバブル」以降、川口春奈が高い人気をキープしている。「silent」とは、昨年10月期に放送されたフジテレビ系連続ドラマ。放映時間帯には、ツイッターで5回も世界トレンド1位を獲得。民放見逃し配信のTVerでは、歴代最高の7300万回再生を記録するなど、社会現象となった。川口は、中途失聴者となった元カレ(Snow Manの目黒蓮)とヨリを戻すヒロインを演じている。

 そんな川口には「先生」が存在する。KinKi Kidsの堂本剛だ。2人は13年のドラマ「天魔さんがゆく」(TBS系)で共演。幽霊退治会社を営む天魔(堂本)が、幽霊を退治せずに説得して成仏させる、ホラーコメディーだ。川口は会社のスタッフ役だった。お笑い芸人をリスペクトする川口は、関西出身の堂本を「笑いの師匠」としてあがめていたため、先生と位置づけたのだ。

「撮影現場での休憩時間、川口は堂本をずっと見つめていました。何度も視線が合うと堂本の方から『僕に笑ってたの?』と聞くと、川口は『じゃあ、モノマネします』と綾瀬はるか、イギリスのテレビコメディーシリーズのMr.ビーンのモノマネを勝手に始めました。さらに、お気に入りだったFUJIWARA・原西孝幸の一発ギャグ『胸の先っちょの席替え』まで、何度も披露していたとか」(テレビ制作会社関係者)

 川口の「ネタ見せ」によって、台本も書き替えられた。モノマネ、ギャグが加えられたのだ。

 2人の良好な関係は、クランクアップ後も続行。KinKiはジャニー喜多川氏が19年に逝去した後に出演した音楽番組で、最新ナンバー「KANZAI BOYA」を披露した。このタイトルは、ジャニー氏に名づけられて、ほんのわずかな期間ながら名乗っていたKinKi以前のコンビ名だ。

 死去後に、あえて楽曲化。番組で熱唱したラストで、堂本光一は生前のジャニー氏がかぶっていたキャップを頭に乗せて、モノマネをした。それをテレビで見ていた川口は「久しぶりにワロタ。ありがとう」というメールを剛に送信している。

「東京ドームで行われたKinKiの25周年ライブにも、足を運んでいます。好きな楽曲は『薄荷キャンディー』。それを知っている剛は、MCであえて川口の名前を挙げてから『まぁ一応、今日歌いますけど』と歌に入っています」(アイドル誌ライター)

 今では、KinKiファンからも支持されている「silent女優」。相思相愛の2人のカンケイは、サイレントではないようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
2
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
3
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」