芸能

やしきたかじん「ナニワの帝王伝説」(6)反権力志向が視聴者にウケた

 酒席を共にすることで、ファミリーの関係を築こうとするのは、女性タレントに対しても同じだ。

「やはり、気の合う女性タレントを前にすると、お酒が進むんですよ(笑)。かつては、青田典子さんだったり、元モーニング娘の中澤裕子さんとか、熊切あさ美ちゃんだったり‥‥。熊田曜子ちゃんもいましたね。

 ただ、彼女たちが結婚したり、恋愛騒動が取りざたされると、不思議としばらくお呼びがかからなくなる。例外は、遙洋子さんぐらい(笑)。基本的に、毒舌の論客が好きですから、むしろ遙さんの場合は論客のカテゴリーだと思いますね」

 だが、こうした気心の知れたゲスト陣とのトークゆえに、思わぬ舌禍トラブルが発生することも少なくない。

 民放関係者が舞台裏を語る。

「05年には、『たかじん胸いっぱい』(関西テレビ系)に出演した杉田かおるが、旦那の性癖やプライベートをおもしろおかしく暴露。ところが、これが名誉毀損行為に当たるとして、人権委員会(BPO)から人権侵害に当たると認定されたことがありました」

 さらに翌年には、堀ちえみの元夫からも訴えられる騒動に巻き込まれた。

「堀が『たかじんONEMAN』(毎日放送系)にゲストで呼ばれた際に元夫との離婚問題に触れ、『別れる時は大変やった。最高裁まで行った』などと発言。これが、事実と違うとして、毎日放送とたかじんが訴えられた。実際は、330万円の損害賠償の一審判決で確定していますから」

 だが、こうしたトラブルに、たかじんは臆することがない。

 芸能記者が解説する。

「たかじんさんが嫌うのは、いわゆる“言葉狩り”なんです。歌手として、デビューした際にも、デビュー曲でタイトルに娼婦という言葉を使って発売禁止になったことがあった。それがきっかけとなって、言論の自由にはこだわりがある。そして、何よりも人に指示されるのが大嫌いな人ですから、むしろトラブルがあると燃えるタイプですね。その一番の“宿敵”が東京に代表される既得権益的なものです。その点でも“盟友”の橋下徹大阪市長と気が合うのも当然ですわ」

 たかじんが視聴者から支持されるのも、東京中心の価値観に対する反権力的なスタンスにあるようなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!