芸能

嵐・相葉雅紀、「名前を間違われても何も言えなかった」大御所俳優とは?

 相葉雅紀といえば、国民的アイドルグループ・嵐の中でも独特の天然ボケキャラを炸裂させることで、抜群の知名度を誇り、メンバー一のCM出演本数をゲットしている。

 その気さくなキャラクターゆえ、「相葉ちゃん」「相葉くん」などと親しみをこめて呼ばれることが多い。ところが、最近は少し勝手が違ってきたという。10月26日放送のラジオ番組「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」(文化放送)で、「人知れず悩んでいること」を明かしたのだ。

 それは、子供時代の間違いや妄想をリスナーが綴った「コドモゴコロ!」というコーナーでのこと。相葉は、TOKIOを「DASH」、ネプチューンを「ネプリーグ」と、出演番組名をグループ名と勘違いしていたリスナーのメールを取り上げたが、自身が、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に出演していることで、「動物園のお兄さん」だと思っていた視聴者がいたことを告白した。さらに、最近は冠番組「相葉マナブ」(テレビ朝日系)の番組絡みで、とんでもない間違いをされたことを打ち明けたのだ。

「『最近、マナブくんだと思われてる可能性高いですね。雅紀じゃなく』と、雅紀の名前でなく、番組名のマナブと間違えられたそうなんです。勘違いして相葉をマナブくんと呼んだのは、大御所俳優の梅沢富美男。『マナブくんさぁ~』と呼びかけられた時に、間違いを指摘できなかったそうです。梅沢とは『相葉マナブ』はもちろん、『嵐にしやがれ』など、共演経験も多く、特に『嵐にしやがれ』では、女形のメイクを直伝されたこともある。『雅紀じゃなくてマナブくんでインプットされちゃってる。そういう人、けっこういるかもね』と、苦笑いしてましたね」(芸能ライター)

 確かに、大御所に面と向かって間違いを訂正するのは、勇気のいるもの。些細なことで「怒りのスイッチ」が入ってしまわないとも限らない。

「相葉は『否定しないでいきます』と静観の構え。コトを荒だてるのは大人げないという考えのようですね。嵐のメンバーでは、二宮和也も、年中行事で間違えられます。“かずなり”という名前の読みを、たいてい“かずや”と呼ばれてしまう。もう慣れっこになってしまい、誤りを指摘する気力もなくなり、達観しているそうですが。相葉の場合は『相葉マナブ』の放送が続く限り言われそうで、悩ましいところですね」(ジャニーズウオッチャー)

 親しみを込めて苗字でなく“下の名前”で呼んでくれているつもりなので、よけい間違いを指摘しづらいのかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」