芸能

“飯”に“シャリ”…「優勝しても売れない!」吉本“米芸人”の悲劇伝説とは?

 お笑い芸人が売れる手段のひとつに、メジャーコンテストの優勝がある。ピン芸人の「R-1ぐらんぷり」、コントの「キングオブコント」、漫才の「M-1グランプリ」といったメジャーコンテストで優勝すれば、世に出るチャンスを手に入れたも同然だ。

 ところが、瞬発力はあっても爆発力に欠ける覇者がいる。

「笑い飯が、その最たる例でしょう。『M-1』がスタートした翌02年から優勝する10年まで、9大会連続でファイナリストになった最高記録保持者。ですが、優勝した後も活動拠点を地元・関西のままキープしたことがアダとなり、旬が過ぎてしまい、全国区タレントになり損ねました」(エンタメ誌ライター)

 笑い飯が有終の美を飾った「M-1」は、10年でいったん幕を閉じた。その間、覇者より準優勝のほうが注目される現象があった。08年はNON STYLEよりオードリー、10年も笑い飯よりスリムクラブ。マスコミが飛びついたのは、それまでまったくノーマークだった期待の新星のほうだったのである。

「そして16年に、ある法則が生まれました。秋の『キングオブコント』でライス、再開後の冬の『M-1』で銀シャリが優勝したことで、“米芸人”は弱いというものです。フリートークがヘタなライスは、優勝後も劇場芸人のまま。コンビネーションは抜群ながらも、番組のメインMCを担うまでにはいたらない銀シャリも、伸び悩みの状態が久しく続きます」(前出・エンタメ誌ライター)

 飯、ライス、銀シャリ。吉本興業の“米芸人”は、テレビタレントとしてのオーラが欠ける。令和初となる年末の「M-1」では、良質な“おかず”が爪痕を残してほしい。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚