芸能

蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」

 11月13日、「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)で新企画「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅 盛岡~八甲田山」が放送された。

 これは太川陽介と蛭子能収、南明奈のローカル路線バスチームと、村井美樹とスギちゃん、西野未姫のローカル鉄道チームの、どちらが先に目的地にたどり着くかを競う内容。盛岡駅をスタートし、2カ所のチェックポイントを経由してゴールの八甲田ロープウェーをめざした。ローカル路線バスチームはローカル路線バスだけ、ローカル鉄道チームは鉄道しか乗ることができない。

 ローカル路線バスチームの蛭子能収はいつものバス旅のように、“クズ言動”を連発。相手チームのメンバーを見るなり、「3人は頭が悪そう」と言い放った。また、マドンナ・南明奈の似顔絵を描いたものの、まったく似ていない絵に。それどころか手が4本もあるという異常な仕上がりになったが、笑ってごまかす始末。相変わらずの蛭子節を炸裂させている。

 そんな蛭子以上の“クズっぷり”を発揮したのがスギちゃん。あまりの傍若無人ぶりにバス旅ファンから批判の声が上がっているのだ。

「スギちゃんたちローカル鉄道チームは鉄道しか乗れないので、路線がない所では歩かないといけません。ただ、通算1万円までタクシーに乗ることができる。リーダーの村井はタクシー代を節約するために、元気な時は歩きを選択していました。ところがスギちゃんは村井の計画などおかまいなしに、ちょっと歩いただけで『タクシーに乗ろう』と言い出したんです。旅をブチ壊していましたね」(テレビ誌ライター)

 さらに八食センターから八戸駅へと徒歩で戻る場面でのこと。列車に乗り遅れまいと村井と西野は走って駅に向かうが、スギちゃんはマイペース。しかも道に迷うダメダメっぷりを見せた。結局、村井と西野は間に合ったものの、スギちゃんが遅れ列車に乗り遅れた。

「遅れたことを詫びることもなく、『足をおかしくした』『吐いた』とウソをついて言い逃れする姿は不愉快でした。観ていてイライラしましたね。同様の感想を持った視聴者は少なくないようです」(前出・テレビ誌ライター)

 スギちゃんに足を引っ張られたが、リーダーの村井がファインプレーを繰り返し、なんとか勝利を収めたローカル鉄道チーム。もし負けていたら、スギちゃんに集まる批判はもっと強いものになっていたことだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
3
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ
4
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
5
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」