芸能

沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(3)闇の入口へ導いた強力な“後ろ盾”

 ジャニーズのイケメンたちをなで斬りにし、隠し子騒動で叩かれた山田孝之を「認知くん」と呼んでからかうなど、やりたい放題で無敵街道を走る沢尻エリカ容疑者の前には、まだ次々にイケメンたちが登場する。

「山田のあとには、中学校の先輩でもある俳優の松田翔太との手つなぎデートが、写真誌に捉えられています。雨が降るなか、仲良く相合い傘をしてダイニングバーに入ると、食事とワインを楽しみ、その後、堂々と手を繋いで沢尻のマンションへと消えて行きました。松田がマンションをあとにしたのは、夜明け前のこと。双方の所属事務所は『恋愛関係はない』とコメントを出しましたが、何もないはずはないでしょうね」(ワイドショー関係者)

 こうした派手な立ち回りの一方で、なかなか表には出てこない、こんな怪しい関係もあったと言われている。

「まだ沢尻が10代だった2年ほどの期間、人材サービス会社グループの当時会長だったA氏と、非常に密接だったという話があります。25歳年下の沢尻にA氏はメロメロで、マンションを買い与えたとか、夜遊びの資金についても全面的に面倒を見ていたなんて噂も飛び交っていました」(芸能記者)

 このA氏の周辺にいたと言われているのが、あびる優であり岩佐真悠子であり、のちの、いわゆる「沢尻会」の中心メンバーとなったという。

「沢尻が“エリカ様”と呼ばれて夜の街で存在感を大きくしていき、危険な遊び方を覚え、そんな状況を加速させて行ったのは、このA氏のマネーという強力すぎる後ろ盾があったからではないでしょうか。薬物を覚えたのも、この時期ではないかと見られています」(前出・芸能記者)

 今回の逮捕には1ミリの同情の余地も無く、自業自得であることは間違いないが、こうした背景や環境が沢尻容疑者を危うい道へと導いていったというのも、また真実だろう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白