スポーツ

松山英樹「恩師が明かす“石川遼超え”モンスター伝説」(3)歴史に残るよう頑張る

 現時点では、日本ツアーで10勝をあげ、賞金王にも輝いたことのある石川のほうが断然、実績では上回っている。

 それでも、松山の快進撃は、成績で「石川超え」を果たすのにさしたる時間を要さないのではないかと思わせるほどの勢いである。

「松山は『誰か1人に勝ってもしょうがない』と話しています。一方で、『出る試合は全部勝ちたい』とも口にしている。普通なら、そんなことは無理だろうが心意気として言っているのだろうと周囲は捉えるでしょう。でも、彼の場合は本気で考えているのではないかと思わされてしまいます。何せ、ベテラン選手たちが口をそろえて『早くアメリカに行ったほうがいい』と言うほど、スケールの大きな選手ですからね」(スポーツライター) 前出・高橋氏もこう話す。「今が頂点じゃありません。まだまだ進化している感じですね」

 進化中の松山は肉体改造にも着手している。

 すでに、アマとしてマスターズ出場をして注目を集めだした頃より体が一回り大きくなっているのだ。

「本人は『太りました』などと説明することもありますが、これまで経験したことのないツアーの連戦を乗り切るために、先を見据えて疲れない体作りをしているんです」(前出・スポーツ紙デスク)

 どこまでも進化を続ける怪物だが、おごりはない。

「中高のゴルフ部での指導は、人間としての基礎を作る場だった。おかげさまで松山は、成績を残してもテングになるようなことがありませんでした。(高知県で開催される)『カシオオープン』の際には、ゴルフ練習場からは遠いのにわざわざ明徳を訪れて担任をはじめとする世話になった先生に挨拶に帰ってきてくれた」(前出・高橋氏)

 プロデビューして3試合戦ったが、必ず試合後には高橋氏のもとに電話があったという。

「中日Cで2連覇はできなかったけど、『惜しかったね。でも、歴史に残ることはできたね』と声をかけると、こう返答してくれました。『これからまた歴史に残るよう頑張ります』」

 松山の「遼超え」伝説は始まったばかりである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀
4
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに