芸能

梅宮辰夫さん死去で注目浴びるロバート秋山との“エピソード”に感動の嵐!

 東映ニューフェイスとしてデビューし、映画「不良番長シリーズ」や「仁義なき戦いシリーズ」など数々のヒット作に出演した俳優の梅宮辰夫さんが12月12日、慢性腎不全のため亡くなった(享年81歳)。最近では、お笑い芸人のロバート秋山竜次の「体モノマネ」で若い人たちからも知られ、ふたりのエピソードには感動の声も上がっている。

「関係者によれば、妻のクラウディアさんが梅宮さんの異変に気づき、すぐに救急車を呼んで神奈川県内の病院に運ばれたそうですが、12日の午前7時40分ごろに息を引き取ったといいます。梅宮さんは後輩の面倒見がいいことで有名で、後輩俳優の千葉真一や北大路欣也、山下真司なども相次ぎ追悼コメントを出しています」(芸能記者)

 そんな梅宮さんが近年気に掛けていたというのが、ロバート秋山だ。現在、秋山は様々な業種のクリエイターになりきる「クリエイターズファイル」が受けているが、そんななりきりの原点とも言えるのが、梅宮さんの顔写真を使った体モノマネだった。

「秋山は梅宮さんの許可なく写真を使用していたそうですが、名古屋の番組で初対面した際には、『お前か、俺の顔を使っているのは。俺は何が面白いんだか分からないんだけど、やるんだったら中途半端じゃなく、突き詰めろよ。そのためには、俺のどんな写真を使ってもいい』と激励されたことを明かし、恩人として梅宮さんの名前を挙げています。秋山が体モノマネをやり始めたのは、ちょうど出演していた『はねるのトびら』(フジテレビ系)が終わった頃だったので、まさに苦境を支えてくれた一人だったのでしょう」(お笑いライター)

 その後も2人は事あるごとに番組で共演するようになり、秋山に娘が生まれると梅宮さんから「お前の好きな時にいつでも俺のクルーザーで沖に出て、お前の体を俺と一緒の色に焼かせてやる」と祝いの言葉をもらったといい、17年に共演したイベントでは、「どうせなら長く続けて、俺が死んでもやってくれよ」と、梅宮さんからお願いされるシーンもあった。

 こうしたエピソードにネット上では《梅宮さん公認なんだから、秋山にはこれからも体モノマネを続けてほしい》《娘のことでワイドショーを賑わせることもあったけど、梅宮さんって本当にいい人なんだな》《懐も深く、素晴らしい性格の持ち主。昭和のスターがまた一人いなくなってしまったのか…》などのコメントが寄せられていた。

 秋山にとっては、体モノマネを続けることが梅宮さんへの何よりの供養となるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス