スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「大物感十分トリプルエースが穴」

 GI朝日杯フューチュリティSが今週のメイン。中山から場所を阪神に替えて6年目。その中山では2000メートルで争われるホープフルSがGIに昇格したことで、こちらはこれまで以上に、GIのNHKマイルなどマイル路線に重きを置く顔ぶれがそろうようになった。

 今回、その最たる存在がサリオスだろう。新馬、GIIIサウジアラビアロイヤルCを連勝中だが、ともに芝のマイル戦で、実に強い勝ちっぷりだった。

 この馬が一本かぶりの人気とみる向きも多いが、前哨戦のデイリー杯2歳Sを快勝したレッドベルジュール、京王杯2歳Sをレコードで圧勝したタイセイビジョンの両陣営も強気の構えで、見応えある激しい競馬が展開されそうだ。また、伏兵視されている馬も少なくなく、どう転ぶか予断は許さない。

 そもそも阪神に移ってからのこれまでの5年間、馬単での万馬券は2回(馬連で1回)。馬券的には人気どおり簡単には決まっていない。

 さらにデータをひもとくと、馬単が導入された02年以降、これまでの17年間、馬単での万馬券は6回。この間、1番人気馬は4勝(2着1回)、2番人気馬は6勝(2着1回)。1、2番人気馬のワンツー決着は2回のみで、まずは中穴傾向のGI戦と言っていいだろう。

 ならば穴党としては、やや人気薄の伏兵を中心に据えて、そこから人気、有力どころへ流すというのが馬券の筋と言えようか。当方としても、そんな伏兵視されている馬に目をつけてみたい。

 狙ってみたいのは、トリプルエースだ。6月の阪神で早々と新馬勝ちした馬で、その際の勝ちっぷりの良さから大いに注目していた。漆黒(青鹿毛)のバランスの取れた好馬体からして大物感も十分である。

 2走目の小倉2歳Sは、3カ月ぶりの実戦で体重が12キロ増。やや余裕残しの状態だったため、落ち着きを欠いて出遅れ。なのに道中は、最後方に近い位置から追い上げて、直線は馬群を縫っての2着。6ハロン戦だったことを思うと、そう簡単にできる芸当ではなく、かなりの器だと、その時に確信を抱いた。

 続く前走のデイリー杯2歳Sは、さらに体重が8キロ増。これもレース間隔が2カ月開いていたため、少々余裕残しの状態だったのだろう。今度は道中、引っ掛かる場面があったほどで、4着に敗れたのもやむをえなかった。それでも勝ち馬とはコンマ4秒差。断じて軽く見るべき馬でないことがわかるだろう。

 今回のレース間隔は1カ月。しっかりと乗り込んで前2走とは違って大幅な良化ぶりを見せている。1週前の追い切りも文句なしで、軽快かつリズミカルな動きだった。

「いい感じに仕上がりつつある。強敵相手でも差はない」と、斉藤崇調教師をはじめ、厩舎スタッフが口をそろえるほどだ。

 母は地方(船橋)で走って目立たなかったが、母系は欧米の一流血脈。父シャマーダルは全欧2歳王者(仏2000ギニー、仏ダービー)で、母の父はサンデーサイレンス。マイルの距離はドンと来いだ。

 そして名種牡馬ミスタープロスペクターの3×4の近親配合(奇跡の血量)という魅力の馬。良馬場なら頭から狙い撃ちといきたい。

 逆転候補とみたいのは、ウイングレイテスト。前走のデイリー杯2歳Sでは本命視して儲けさせてもらったが、休み明けだったその前走を使われてさらに良化。一族にチョウカイキャロル(オークス)がいて、近親にも活躍馬が多くいる馬。道悪も上手で、注目したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察