芸能

稲森いずみ、隠れ「ベッドシーン女王」艶技をゾクゾク大公開!

 12月10日に最終回を迎えたドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)でヒロインの吉田羊を食う熱演ぶりで再ブレイクしているのが稲森いずみ(47)だ。これまで、脇役のイメージが強かったが、一気に主役級の活躍をした裏側には、激しいカラミも辞さない「隠れベッドシーン女王」として評価されていることをご存知か?

 ドラマ界を席巻する「稲森フィーバー」の全容に12月17日発売の「アサヒ芸能」が迫っているが、

「最近、稲森いずみ(47)が“ポスト石田ゆり子”として注目されています。稲森は毎年ドラマに出演し続けていましたが、特に今年7~9月に放送されていた『まだ結婚できない男』で、阿部寛演じる主人公の桑野信介が足繁く通うカフェの雇われ店長・田中有希江役が好評で、ヒロインの吉田羊よりもその存在感で圧倒したのが大きい」(芸能ジャーナリスト)

 くしくも石田ゆり子が星野源と新垣結衣主演の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)でブレイクしたのも47歳だった。芸能記者によれば、

「稲森といえば、アイドルとしてデビューした時には男性ファンが中心でしたが、47歳になった今もその美貌は健在なのも石田と共通する点ですね。目が大きく猫目なので、『ツンデレタイプなのでは?』と想像させられます。ふだんは澄ました態度だけど、ベッドの上では豹変しそうだと妄想を掻き立てられますよね。昔はスレンダーなスタイルでしたが、年を重ねて少しふっくらと丸みを帯びた体型になり、ますます妖艶さを醸し出しています」(前出・芸能ジャーナリスト)

 そんな稲森が周囲の期待に応えるようにベッドシーンも辞さない本格派女優に転身したのは40歳を過ぎてからだが、その艶技の数々は12月17日発売のアサヒ芸能12月26日号で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」