芸能

米倉涼子が「ドクターX」降板決意!?「やる意味あったかな~」ボヤキの理由とは

 米倉涼子(44)主演の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に、「異変」が起きているという。スポーツ紙デスクが説明する。

「今回は鳴り物入りで始まった第6シリーズで、初回視聴率は20.3%。各局の連ドラが軒並み一ケタと低迷する中、唯一大台超えを記録し、2年ぶりのシリーズ再開に花を添えました。ところがその後徐々に数字が減少。一時は15%台(第5話の15.9%)にまで落ち込んでしまった。常に右肩上がりに数字を押し上げてきた大門未知子がついに“失敗しない女”の看板を下ろしたとドラマ班はすっかり落ち込んでいます」

 もっとも、今年の秋ドラマでは視聴率トップを独走中。2位の木村拓哉(47)主演の「グランメゾン東京」(TBS系)に平均5%以上も水をあけている。それでも、これまでのシリーズ5作すべての平均視聴率が20%超えというモンスタードラマだったことを考えれば、勢いが落ちたことは否めないのだ。

「不調の理由は様々取り沙汰されていますが、簡単に言えばマンネリ化。『ドクターX』の人気は視聴者層のコアを占めるお年寄りに馴染み深い医療現場を舞台に、フリー医師が逆境を払いのけ、天才的なオペをやり遂げる様が視聴者をスカッとさせてきたことにあります。そして手術の前や後の岸辺一徳(72)らと雀卓を和やかに囲むシーンも人気で、迫真のオペと日常の絶妙なコントラストが好評でした。ところが今回のシリーズはお笑い要素がやや先行した感がありますね」(スポーツ紙デスク)

 制作側は、第8話で、米倉と人気を二分する麻酔科医役の内田有紀(44)とのペアで銭湯の湯に浸かるシーンを挿入。テコ入れを図ったようだが、

「それでも大台復帰には至っていません。他にも、今回から米倉さんを始めとするキャストのギャラを上げた一方で、大物ゲストを招けなかったことも影響しています」(前出・デスク)

 この不振ぶりに、米倉はどんな心境なのか。テレ朝関係者が打ち明ける。

「役柄ではさすらいの用心棒のような勝気な外科医を演じていますが、実際の米倉さんは役柄とは程遠く繊細な女性です。毎回、シリーズ開始前に大台の数字を期待されると、『悪いけど、今回はムリかも…』と自信なさげに答えるだけなんです。幸いにも第5話の視聴率が底で、その後は数字が持ち直していますが、ただ、この第5話に登場したゲストが岩下志麻(78)でした。岩下さんは、第1シリーズでも看護師連合会名誉会長役で登場してますが、以来5年ぶり、満を持しての再登場だったんです」

 毎回斬新なゲストを招くこのシリーズでは異例の2度目の出演だった。

「米倉さんと岩下さんは公私ともに親交が厚く、メールもする間柄ですが、敬愛する大先輩を招いた回で最低視聴率を記録してしまったことに、米倉さんは頭を抱えている。『やっぱ、今回やる意味あったかな~』と後悔している。もはや来年の再登板の能性は絶望的です」(前出・関係者)

 女医で失敗しても昨年、テレ朝で元弁護士に扮した「リーガルV」の第2弾がある!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!