芸能

ダイアモンド☆ユカイの「電球道」(1)電球が理想のボディライン

 ダイアモンド☆ユカイといえば女をはべらす稀代のロックンローラーだ。今やバラエティ番組に出ずっぱりで、よきパパのイメージすら定着したが、それが男の振り幅というもの。さらに、広くは公表してこなかった別の顔が、電球に対する飽くなき愛情なのである。

 電球が好きになったきっかけ? それはもう30年以上前に遡るなぁ‥‥。

 20歳だった俺は、大好きだった女の子にフラれて失意のドン底でさ、ある日、自分の部屋をともしていた電球に、その女の子を見たんだよね。ごくごく普通の電球だったけど、丸みを帯びた温かい雰囲気のある形が彼女の腰のラインに似てたんだよね。俺の理想の「シェイプ」だったわけ。

 童貞を失った相手ではないけど、初めてちゃんとつきあった女だったんだよ。

 年下だったけど、「フォーリンラブ」のすばらしさを教えてくれた子。ホントに頭のいい、秀才だった。

 そのあとに出会った女たちが、軒並みしっくりこなかったんだよな。

「なぜなのか?」とふと考えた時に、「みんな腰のラインが電球じゃない!」ということに気がついたんだよ。

「なるほど!」と自分に合点がいったわけ(笑)。そこから電球を集めるようになったんだよね。

 人間にはいろんなフェチがあると思うけど、電球は俺の中のフェチ性を満たしてくれたんだよ。

 ロックバンドやってた頃は、自分の趣味嗜好みたいなものは一切公表してなかった。バンドとしての戦略とかは何もなかったけど、バリバリの巨乳好きなのに、好きだっていうのも黙ってたからね。

 だから「小股の切れ上がったイイ女が好き」ってウソをついてたよ。巨乳好きって言ったらマザコンだと思われると信じてた。俺らの世代は巨乳=アメリカだから。その代表はアグネス・ラムですよ。当時は「これだ!これが理想だ」と思ったね(笑)。

 それに近いんですよ。電球のライン。これがどこかに刷り込まれていたのかもしれないなぁ。

 欧米人に対する憧れも。胸の大きさを強調するにはウエストもくびれてなきゃダメなんだよ。このラインだな、と。

 今思うと、欧米人の巨乳はだいたいがシリコンだというのがわかったわけだけど(笑)。どう考えたってあんな「ボーン、キュッ、ボーン」って、完璧な形になるわけがないだろ?

 話を戻すけどさ、バラエティに出るようになって、自分の趣味嗜好とか、そういうの、もういいやと思ったんだよね。マザコンで巨乳好きっていうのは公表して楽になった。まぁ、昔からのファンは賛否両論だけどね。

 それで、初恋の彼女“電子(でんこ)”はかなり巨乳だった。ふくよかで豊穣な感じでね。まぁ巨乳といっても、今のHとかIカップじゃないよ。そうなると、もう巨乳じゃないホルスタインだから。

 電子を超える理想のシェイプには、いまだに遭遇していない。理想のタイプなわけ。今でもずっと、死ぬまで変わんないと思うなぁ。

 実は、妻も出会った頃はわりとスタイルよかったのよ。見せてもらった20歳の時の写真は実に理想的なラインだった。だけど、子供を3人産んだりして、だんだん、大きくなってね、今や電球を通り越してしまった。20歳の時に出会えばよかったよなあ(笑)。

 まあ、今、電子に会ったら当時と同じ電球のラインを維持しているのかどうかはわからないけどさ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴