芸能

経歴詐称にビビり過ぎ!? ダイアモンド☆ユカイの“ロックじゃない闘い”にあ然

20160327yukai-2

「人にどう思われようが、俺は俺のロックンロールの道を歩き続けていく事を誓った」

 昨年2月に「俺のロックンロール!」のタイトルで投稿されたブログで、冒頭のようにロックな生き方を貫く決意を表明したロックシンガーのダイアモンド☆ユカイ。

 そんな自称ロックなユカイが、業界内を騒がせた“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上氏の経歴詐称問題を重く受け止め、ある行動に出たようだ。

 というのは、誰でも自由に編集できるインターネット百科事典「ウィキペディア」に記載されている自身の学歴に誤りがあったため、自ら修正作業をしたというもの。なんでも、ユカイは専修大学中退が最終学歴なのが、なぜだか同大学卒業と誤表記されていたようなので、「中退」に書き換えたようだ。

 しかし、一度「中退」に直しても、イタズラと勘違いされたのか、再び「卒業」に直されるということもあったようで、そのやりとりを何度か繰り返したとのこと。だが、その苦労の末、現在は「中退」と表記されていることを20日に更新した自身のブログで報告している。

 ただ、こういった作業にユカイが熱心に取り組んでいたことを知った一部のネット民からは、「笑える」「学歴で売ってないんだから卒業でいいじゃん」「ウィキペディアを必死に直すユカイが全然ロックじゃない」「騒動にビビってるのが可愛いな」と、ロックとは程遠いキャラを茶化しているようだ。

「ウィキペディアのデータは公式データではありませんから誤表記はザラにあります。そういう前提なので、その間違いをテレビで否定して修正するように第三者に呼びかけ、笑いを取る芸能人はいますが、自ら直すという人はあまりいません。しかも、自称“ロック”な生き方を貫いているユカイが何度もそういった攻防を繰り広げていたことが面白かったようですね。川上氏が活動を自粛するまでに至っており、同じ学歴詐称ということで、いきなり心配になったのでしょう」(芸能ライター)

 ただ、とらえ方によっては何度「卒業」に直されてもくじけることなく「中退」に書き直すというのもある意味では根性がいること。もしかして、これがユカイなりのロックな生き方か!?

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」