芸能

「浜田ばみゅばみゅ」の曲名を浜田雅功本人ではなく松本人志が当てた理由!

 コワモテのダウンタウン・浜田雅功が、きゃりーぱみゅぱみゅのものまねをしていた!?12月25日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で公開された歌唱映像に驚く視聴者が続出したようだ。

 2時間スペシャルとなったこの日は前半に「史上最強の“お笑い”クイズ王決定戦」を放送。ここで出題されたVTR問題にて、あの浜田がポップな衣装で可愛らしい曲を歌う“浜田ばみゅばみゅ”が映し出された。その場面に視聴者からは〈出たー!〉〈懐かしいw〉という声と、〈うわ、何これ!?〉〈ちょっと気持ち悪い〉という二通りの感想が伝わってきたという。

「この“浜田ばみゅばみゅ”は、2015年に『ガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の浜田アイドル化計画から生まれたもの。当初は月亭方正の作曲による『ツッコミコミコミ』というオリジナル曲を歌っており、水ダウの問題で流れたのはこちらの映像でした。その後、本家きゃりーぱみゅぱみゅを手掛ける中田ヤスタカ氏から直々の申し出があり、中田氏がみずからプロデュースを担当することに。同じ年の12月には『なんでやねんねん』をリリースしています」(音楽ライター)

 ただ「なんでやねんねん」は週間17位という微妙な成績に終わっており、浜田ばみゅばみゅもフェードアウト。それゆえ若い視聴者には浜田がアイドルを演じていたことを知らない人も少なくないようだ。

 そして浜田本人も黒歴史として記憶から消し去りたいようで、水ダウの問題では「ツッコミコミコミ」という曲名が思い出せない始末。ところが相方の松本人志がみごと正解し、視聴者を驚かせていた。しかしなぜ松本は、浜田本人すら忘れていた曲名を思い出せたのだろうか?

「番組では触れられていませんでしたが、『ツッコミコミコミ』の作詞は松本が担当していたのです。この曲では作詞が松本、作曲が方正、そしてパフォーマンスが浜田という役割分担ができており、一部のファンからは中田ヤスタカ氏の『なんでやねんねん』より名曲との評価もあるほど。浜田にとっては黒歴史かもしれませんが、この曲を久しぶりにテレビで観られたと喜んだファンも少なくなかったことでしょう」(前出・音楽ライター)

 この日の水ダウでは「ウルトラクイズ」(日本テレビ系)をパクった演出も見られたが、埋もれた名シーンが観られるなら“他局のパクり”も大歓迎かもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声