芸能

「浜田ばみゅばみゅ」の曲名を浜田雅功本人ではなく松本人志が当てた理由!

 コワモテのダウンタウン・浜田雅功が、きゃりーぱみゅぱみゅのものまねをしていた!?12月25日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で公開された歌唱映像に驚く視聴者が続出したようだ。

 2時間スペシャルとなったこの日は前半に「史上最強の“お笑い”クイズ王決定戦」を放送。ここで出題されたVTR問題にて、あの浜田がポップな衣装で可愛らしい曲を歌う“浜田ばみゅばみゅ”が映し出された。その場面に視聴者からは〈出たー!〉〈懐かしいw〉という声と、〈うわ、何これ!?〉〈ちょっと気持ち悪い〉という二通りの感想が伝わってきたという。

「この“浜田ばみゅばみゅ”は、2015年に『ガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の浜田アイドル化計画から生まれたもの。当初は月亭方正の作曲による『ツッコミコミコミ』というオリジナル曲を歌っており、水ダウの問題で流れたのはこちらの映像でした。その後、本家きゃりーぱみゅぱみゅを手掛ける中田ヤスタカ氏から直々の申し出があり、中田氏がみずからプロデュースを担当することに。同じ年の12月には『なんでやねんねん』をリリースしています」(音楽ライター)

 ただ「なんでやねんねん」は週間17位という微妙な成績に終わっており、浜田ばみゅばみゅもフェードアウト。それゆえ若い視聴者には浜田がアイドルを演じていたことを知らない人も少なくないようだ。

 そして浜田本人も黒歴史として記憶から消し去りたいようで、水ダウの問題では「ツッコミコミコミ」という曲名が思い出せない始末。ところが相方の松本人志がみごと正解し、視聴者を驚かせていた。しかしなぜ松本は、浜田本人すら忘れていた曲名を思い出せたのだろうか?

「番組では触れられていませんでしたが、『ツッコミコミコミ』の作詞は松本が担当していたのです。この曲では作詞が松本、作曲が方正、そしてパフォーマンスが浜田という役割分担ができており、一部のファンからは中田ヤスタカ氏の『なんでやねんねん』より名曲との評価もあるほど。浜田にとっては黒歴史かもしれませんが、この曲を久しぶりにテレビで観られたと喜んだファンも少なくなかったことでしょう」(前出・音楽ライター)

 この日の水ダウでは「ウルトラクイズ」(日本テレビ系)をパクった演出も見られたが、埋もれた名シーンが観られるなら“他局のパクり”も大歓迎かもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々