芸能

各界「伝説の師弟」(1)芸能界、大物たちの絆

「体罰」「かわいがり」。そんなネガティブな言葉で語られることが多い昨今の上下関係。しかし、本来は熱い信頼で結ばれるのが「師弟」というもの。時代は「キズナ」だ。知る人ぞ知る、著名人たちの語りたくなる「師弟愛」をお届けしよう。

 芸能界にはひと言では語り尽くせない、大物たちの熱い師弟伝説がある。そのいくつかを紹介しよう。

 高倉健千葉真一が売れる前からかわいがっていた。千葉がテレビの「七色仮面」の主役に抜擢された時、まだ日体大の学生服で撮影所に通っていた千葉に対し、「社会人なのだから、社会人らしい格好をしろ」と、まだ新品同様だった自分の背広をプレゼント。千葉は「永遠の師匠」と語る、健さんのこの背広をボロボロになった現在でも保管している。

「その当時、千葉が撮影進行を巡って東映労組の幹部と衝突し、会社を辞めさせられそうになった時、千葉の『辞めたくない』という意思を聞いた健さんが『よし、一緒に謝りに行こう』と撮影所中を回ってくれた。そして、ポツリと『オレも同じ立場だったら同じことをしたよ』と。千葉は感激し、売れたあとも撮影がない時は健さんの付き人をしたんです」(ベテラン映画記者)

 健さんに続いては、勝新の師弟愛。バイトしながら芝居のレッスンを受けていた松平健は、21歳の時、勝新太郎から突然「京都に来い」と呼び出しを受け、カメラテストをした。

 そして「お前の目が気に入った。目は化粧できねぇからな」と言われ、勝の付き人になる。しかし、「オレのマネをしろ。タイプが違うから、マネをしても大丈夫だ」と言うだけ。それが約3年続いたのだ。

 その後、事件は起こる。

「ドラマ『座頭市』の制作発表で突然、勝が『松平!お前はオレだけ見ていればいいんだ!』とどなりつけた。実はあれは意図的に記者に松平の名を売り込むためにやった演出。実際、あの時、初めて松平健の名前を知った記者も多かったんです」(芸能記者)

 そのかいあって、松平は76年に昼ドラ「人間の條件」で主人公を演じた。その時の勝の言葉が「主役でない仕事には出るな」というもの。その直後、松平は「暴れん坊将軍」の主役に抜擢される。

「暴れん坊──」のヒット後、松平が役者仲間と居酒屋で飲んでいると聞いた勝は、

「将軍役なのだから、もっといいところで遊べ。安い店に行くとそれが演技にも出る」

 と叱責した。その教えを守って、松平は20~30代は高級クラブで遊びまくった。借金も作った。教えどおり、勝新太郎の生き様もマネたわけだ。

 バラエティの世界にも伝説の師弟関係がある。車のセールスマンから植木等の付き人兼運転手になった小松政夫は、4年近く行動を共にした。

 植木のあの「お呼びでない?」のギャグは「シャボン玉ホリデー」で小松が植木の出番ではないのに勘違いして「出番です」と言ってしまい、カメラの前に出た植木がアドリブを放ったら、これがウケて、以後使われるようになったと言われている。植木も「小松が間違えて、あのギャグが生まれた」と触れ回った。

 しかし、小松は「アレは私を売り出すために作ってくれたエピソードなんです」と、のちに語っている。

「ある時、運転中の小松に植木が顔を近づけ『お前は明日からタレントだ。もう来なくていいよ』と言うと、小松は涙がこぼれて運転できなくなった。植木は小松が泣きやむまで待って『急いでないけど、そろそろ行くかぁ』と」(制作会社幹部)

 トリは松田優作のキズナ。石橋凌のバンド「ARB」は方向性の違いから分裂。売れないイラダチもあり、20代前半は飲むと必ず暴れた。そんな時、新宿のジムで松田優作と出会う。その後、原田芳雄宅の忘年会で再会し、悩みをぶつけた。

 優作は「表現というのは、毎年土を耕して種をまき、水をやって大事に育むしかない。今までやってきたことを続けていれば、必ず誰かが見ている」と。その半月後、優作主演・監督の映画「ア・ホーマンス」に参加。以後、飲みに誘われるようになる。

 優作宅で飲んでいた時、「ところでお前、今後、どうする?」と聞かれて「もう1回、バンドを立て直して」と答えると、「俳優という仕事を前向きに考えたらどうなんだ!」と一喝された。帰り際、玄関で握手しながら、笑顔で「頑張れよ」と優作。2カ月後の89年11月6日に彼の悲報を聞く‥‥。

 自分なりに遺志を継げないかと考えた石橋は音楽活動を一時封印、俳優をやっていく決心をしたのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!