芸能

「『不協和音』は見納めでもいい」の声まで!平手友梨奈、“紅白で卒倒”に心配の声

 見応え十分のパフォーマンスであったことは間違いないが…。

 欅坂46が12月31日に放送された「第70回NHK紅白歌合戦」で、2年前にも歌唱したいわくつきの1曲「不協和音」を披露した。2年前の歌唱ではグループ単独での通常歌唱に加え、総合司会の内村光良とのコラボでも同楽曲を披露しているが、センターの平手友梨奈を含めたメンバー数人が過呼吸のような症状を訴えて舞台裏で倒れ込むアクシデントが発生。

 しかも、グループ単独のパフォーマンスでも“大サビ”前に平手が床に倒れ込む演出では今までにないほど勢いよく倒れ、カメラは平手の右腕が床に接触した際の『ゴン』という鈍い音を拾っており、後日、平手が右腕に全治1カ月のケガを負ったことが明らかとなっていた。

 それ以降は滅多なことがない限り、ライブでも封印されていた同楽曲だが、披露した時の反響の大きさは他楽曲とは一線を画するものがあるため、今回2年ぶりの解禁となった。

「キレキレのダンスが見どころの同楽曲ですが、やはりもう1つの注目ポイントとしては『僕は嫌だ』という平手のセリフパートですが、今回は涙交じりに絶叫。最後には体を震わせながら不敵な笑みを浮かべるという初めてのケースで、鳥肌モノのパフォーマンスでした。これには思わず、総合司会の内村も『よくやった。素晴らしかった。新“不協和音”だ』と興奮気味に叫び、絶賛していました。しかし、力を出し切った平手はカメラが離れた後にそのまま倒れ、メンバー数人にかつがれながら舞台袖へと運ばれていたと報じられています。NHK側は平手の体調についてまったく問題ないと答えていますが、大サビ前の倒れ込む振り付けでも今回も激しくひざを打ち付けるように崩れていたこともあって、新たにケガが見つからないかも心配なところ」(アイドル誌ライター)

 案の定、ファンからも「最高のパフォーマンスだったけど、やっぱり、てちが心配」「『不協和音』のパフォーマンスは見ていて、ヒヤヒヤするな」「平手さんのアイドルとしての寿命が縮まるぐらいなら、『不協和音』は好きだけど、これが見納めでもいいかも」など、パフォーマンスを絶賛する声以上に平手を心配する声が目立った。

 全力パフォーマンスは素晴らしいことだが、やはりファンとしては何よりもメンバーにはケガ無く活躍してほしいというのが1番に願っていることだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々