女子アナ

今年は追い風!日テレ笹崎里菜、“上層部の覚えもめでたくなった”ワケとは?

 かつて、入社早々から「早期退社」が規定路線ともいわれていた美女アナが奮起している。銀座でのホステスバイト歴から一度は内定を取り消されながら、裁判にまで発展して、逆転入社にこぎつけた、日本テレビ・笹崎里菜アナである。

「ずっと日の目を見ない印象でしたが、昨秋より『ヒルナンデス!』や『情報ライブ ミヤネ屋』など看板番組などに登場し、中継を担当した『ラグビーW杯』もフィーバーとなるなど、完全に追い風です」(日本テレビ関係者)

 どうやら、過去のイザコザも記憶のかなたのこととなり、上層部の覚えもめでたくなっているようだ。

「昨年6月に社長が交代しましたが、新社長はインターネット事業に力を入れていく意向です。そんな中、笹崎アナは昨年5月より同局のネット番組『サーフ☆ガール』に抜擢されました。ウエットスーツを身にまとって果敢に波乗りに挑み続けている。東京五輪で初めて競技化されるサーフィンに先鞭を付けさせられるなど期待感が伝わってきますね」(前出・日テレ関係者)

 苦節5年、いよいよ“指名”が増えそうである。

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も