社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<溶連菌感染症>「中耳炎や皮膚病の合併症も風邪と似ているけど…」

 インフルエンザが拡大しているが、この時期「溶連菌感染症」も流行のピークを迎えている。

 症状が普通の風邪と非常に似ているために見分けがつきづらいが、「のどの痛みがあるのに、咳や鼻水はあまり出ない」「38~39℃の高熱が出る」「首のリンパ節が腫れる」「のどの奥の扁桃に白い膿の付着物がある」などの症状があれば、溶連菌に感染している可能性が高い。

「溶連菌感染症」とは、溶血連鎖球菌(溶連菌)がのどに感染して発症する感染症。潜伏期は2~5日程度。一年中かかる可能性があるが、特に気をつけたいのが7~9月の夏場と、12~3月の冬場だ。

 一般的に「溶連菌感染症」は、子供がかかりやすいイメージがあるが、大人も感染する。症状が出ずに治ることも多数あるが、特に気をつけたいのが合併症だ。中耳炎や副鼻腔炎、皮膚に感染する「とびひ」が起こるほか、腎炎、リウマチ熱を発症する場合もある。

 疑わしい症状が出たら、早めに医療機関で受診することが必要だ。診察では、綿棒でのどの菌をこすり取って陽性の検査結果が出たら、抗生物質が処方される。

 溶連菌は細菌のため、抗生物質がよく効くので、医師に処方されたとおりにしっかり薬を飲めば、24時間以内には感染力がなくなるといわれている。そして、たいていは数日間で回復する。

 気をつけたいのは、医療機関で受診せずに自然治癒を待つ人や、熱が下がったからといって、抗生物質の服用を途中でやめてしまう人が意外と多いことである。

 溶連菌を軽視して正しい治療を受けずに、合併症を引き起こす人もいるため、早めに受診し、出された抗生物質は、必ず全て飲みきることが重要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”