芸能

松坂桃李が「ハロヲタ」を演じるために“あえて避けた行為”とは?

 イケメン俳優の松坂桃李がアイドルヲタになる!?21年公開予定の映画「あの頃。」(今泉力哉監督)にて松坂が、ハロー!プロジェクト好きのオタクを演じるという。同映画の原作はベーシスト兼マンガ家の劔樹人によるコミックエッセー。劔は妻の犬山紙子とともにハロヲタ(ハロプロの大ファン)として知られており、松坂は劔自身をモチーフにしたハロヲタを演じることになる。

「この報せにハロヲタ界隈では《だから松坂が代々木に来ていたのか!》という驚きの声が続出しています。松坂は原作者の劔とともに、12月5日に開催されたモーニング娘。’19の東京・代々木第一体育館公演に参戦。現場の雰囲気を直に感じることで役作りに活かしたようですね」(アイドル誌ライター)

 ただ、松坂ほどの著名俳優がモー娘。のライブを観覧していたとあれば、メンバーがツイッター等で報告していそうなもの。しかし当のメンバーは松坂が会場に来ていたこと自体、今回のニュースで知ったというのだ。その裏には徹底した役作りへの姿勢が垣間見られるという。

「松坂が演じるのはあくまでヲタであり、アイドル業界の関係者ではありません。そしてアイドル分野では、関係者がファンのように振る舞うことを《半ヲタ》と呼び、忌み嫌われるべき行為として敬遠されています。もし松坂がモー娘。のライブで楽屋挨拶に訪れていたら、それはもはやヲタの領域から踏み出してしまうことになってしまうので、厳に慎んだのでしょう。そんな松坂の自制的な行動を知ったハロヲタからは賞賛の声が飛んでいます」(前出・アイドル誌ライター)

 最近のアイドル界隈では世間のイメージとは異なり、小ぎれいな格好をしたヲタが増えている。松坂もきっと、〈こんなヲタ、いるよ!〉と思えるようなリアルな役を演じてくれそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美