芸能

中井貴一、「大スキャンダル発覚の心配」が囁かれる「オカルトな理由」!

 1月31日公開の映画「嘘八百 京町ロワイヤル」で佐々木蔵之介とともに主演を務める中井貴一。

 2018年に公開されたコメディ映画「嘘八百」の続編となる同作では、公開に先駆け1月25日に京都市左京区の平安神宮で行われたヒット祈願イベントを開催。

 登壇した中井は「(前作と)全く別の映画だと思って頂いても良いぐらい完成度が高いものができた」と自信のほどをのぞかせた。

 そんな中井について、タダ事ではないウワサが──。

「『近いうち中井貴一の大スキャンダルが発覚するのではないか』といったウワサが業界内で広がっているんです」と語るのはテレビ関係者である。続けてもらおう。

「実際に彼が何かをしでかしたというわけではなくて、最近、中井が参加した『ある仕事』にまつわる『不幸のジンクス』がウワサの出どころになっているんですよ」

 その仕事はゲームシリーズ「龍が如く」への出演だという。

「中井は1月16日に発売されたばかりの『龍が如く7』に重大な役で出演しているのですが、このことで周囲から『スキャンダル発覚』が危惧されているんです」

 なぜ「龍が如く」とスキャンダルが結びつくのか。

「この『龍が如く』シリーズに出演した芸能人をスキャンダルが襲う『龍が如くの呪い』が業界内で根強く囁かれているんですよ。過去作の出演者では宮迫博之が『闇営業問題』に見舞われたほか、船越英一郎は元妻・松居一代と裁判沙汰、成宮寛貴は芸能界を追われました。薬物で逮捕されたピエール瀧も関連作に出演していました」(前出・テレビ関係者)

 中井の“無事”を祈りたい。

(牧マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…