社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<大人の骨折>「骨密度と筋力の低下で転倒の危険が増すと…」

 事故や転倒、スポーツなど「骨折」はさまざまな場面で起こる。

 まず、骨折したかどうかの見分け方を説明したい。骨折の痛みは捻挫や脱臼よりも強く、指で骨の患部を押した際に極端な痛みを感じた時は可能性が高い。また、痛みを感じる患部を動かせなかったり、腫れて盛り上がっていたり、変形が生じることもある。

 応急処置としては、患部を刺激しないように、添え木などで固定し、安静にすることで苦痛を軽減できる。「骨をもとに戻して固定すればよい」という意見もあるが、これは素人にはかなり難しいのでおすすめできない。できるだけ患部を触らずに、動かさない状態で早急に整形外科を受診することが必要だ。

 骨折の原因の多くは外傷によるものだが、疲労や病気の場合もある。「疲労骨折」は通常の骨折とは違い、同一部位の骨に疲労が蓄積することで、小さなひびができて起こる。そのため、スポーツなどで短期的に過度なトレーニングを繰り返し行った時に発症しやすい。

「病的骨折」は、骨粗鬆症などにより、骨の強度が低下して発症する。特に骨粗鬆症による「脆弱性骨折」は、骨がもろくなったり筋力が低下して、転びやすくなることで起こる。高齢者だけでなく、最近では、若い人にも起こる。

 大人が骨折すると、骨がつながるのを待つ保存療法を行うのがほとんどだ。ただし、骨折以前の形に戻すのが困難な場合や、関節や足の骨などは手術の可能性もある。

 骨折の予防としては、骨密度を低下させない食事が重要だ。牛乳や小魚などのカルシウムやサンマ、卵などのビタミンDを同時に摂ることで、腸内でのカルシウムの吸収率が高くなる。栄養やカロリーのバランスがよい食事で骨折しない体づくりを。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合