芸能

森口博子、磨きがかかる80年代アイドル随一の“色白美ボディ”紆余曲折!

 2月7日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の“本音でハシゴ酒”で、俳優の陣内孝則やカンニング竹山、博多華丸らとともに「福岡県人会」として出演する、歌手の森口博子。

 森口と言えば、51歳にして見事なまでに維持されたスタイルと、その色白さが話題に上るが、先日もこんなことがあった。

「4日の自身のブログで、早見優、松本伊代とのライブのリハーサルの様子を伝えていたのですが、80年代アイドルの3ショットの中でも、ただ一人若々しくTシャツ姿だった森口の美白度は、やはりズバ抜けていましたね。何よりファンを喜ばせたのは、その画像とともに上げられた、帰宅時のアップでの自撮り。ピンクのマフラーにマスクをしているのですが、その肌艶も50代とは思えず、ネット上でも《10歳ぐらいサバ読んでも分からない》との声が上がるほどでした」(夕刊紙記者)

 森口は、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズで主題歌を務めていることから、アニメファンにとっては当然の話だが、昨年、同アニメが放送開始から40周年を迎え今年にかけてもイベント等で盛り上がるなか、磨きがかかったその歌唱力にも注目が集まっている。

「昨年8月に発売されたカバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS』はオリコンウィークリー3位を獲得し、CDが在庫切れするショップも続出しました。さらにこのアルバムで第61回日本レコード大賞企画賞を受賞し、先日、第2弾の制作も発表されています。デビュー当初、アイドルとしてはとても成功したとはいえない森口ですが、当時、ドン底状態で掴んだバラエティーの仕事と、ガンダム主題歌との出会いがなければ、今こうして早見や松本と肩を並べて仕事をすることもなかったはず。ボディも心も、今が最も充実している時期でしょう」(芸能記者)

 気になるのは、いい男が見つかっているかぐらいだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」