芸能

長澤まさみ、新作映画の初「汚れ役ベッド」中身!(2)「脱ぎ損はイヤ」発言の真意

 00年に「第5回東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞して芸能界入り。以来、長澤のそばには敏腕マネージャーの存在があった。芸能プロ関係者が明かす。

「彼は長澤を清純派路線で売り出し、トップ女優に育てた立て役者。元ラガーマンらしく体格はガッシリしていて、長澤を守るためなら荒っぽい手段に出ることもあります。あるドラマの打ち上げでは、長澤を狙う写真週刊誌のカメラマンを見つけると、関節技のフルネルソンのように羽交い締めにして、危うく警察ざたになるところでした」

 長澤を「まーちゃん」と呼ぶほど親しく、まさに二人三脚で歩んできたが、そのマネージャーが一昨年に事務所を退社。それに追随する形で長澤の独立もささやかれた。しかし、長澤は残留することを決めた。

「長澤も彼には感謝していると思うのですが、仕事を受ける際には、ラブシーンはどこまでやるのか、キスはどういうアングルで撮るのかなど細かく確認してくるので、制作サイドとしても過激な作品のオファーは出しづらかったんです」(芸能プロ関係者)

 長澤が引き受けたくても、マネージャーの独断で断った作品は少なくなかったという。

 厳しいチェック体制が敷かれる中、長澤のラブシーンを振り返ってみると、最も話題になったのは11年に公開された映画「モテキ」(東宝)だろう。

「Tシャツの上からとはいえ、推定Eカップ胸を揉まれたり、キスをしながら水を口移しする場面がいやらしすぎました」(映画ライター)

 その翌年には、WOWOWドラマ「分身」でベッドシーンに挑戦。相手の男と抱き合いながら、素足を艶かしく絡ませるまではよかったが、長澤ボディは布団にくるまれたまま、情事は終わってしまう。

 その後の作品でもキスシーンはあっても、「完脱ぎ」は幻に終わっている。芸能プロ関係者によれば、長澤自身もファンの期待が耳に届いているのか、

「(いつ脱ぐのか)騒がれすぎるのも何だかなぁ。かといって脱ぎ損するのも嫌だし」

 と、周囲に漏らすこともあったようで、

「作品に必然性があれば脱ぐ覚悟はあっても、どの作品で脱ぐべきか決めあぐねていたのかもしれません。それでも最近は、敏腕マネージャーと離れた影響なのか、『役の幅を広げたい!』と意気込んでいます」(芸能プロ関係者)

 あらゆる条件がそろったことで、長澤がついにGOサインを出したのか。映画「MOTHER マザー」の公開が待ち遠しい限りだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
4
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ