芸能

長澤まさみ、新作映画の初「汚れ役ベッド」中身!(2)「脱ぎ損はイヤ」発言の真意

 00年に「第5回東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞して芸能界入り。以来、長澤のそばには敏腕マネージャーの存在があった。芸能プロ関係者が明かす。

「彼は長澤を清純派路線で売り出し、トップ女優に育てた立て役者。元ラガーマンらしく体格はガッシリしていて、長澤を守るためなら荒っぽい手段に出ることもあります。あるドラマの打ち上げでは、長澤を狙う写真週刊誌のカメラマンを見つけると、関節技のフルネルソンのように羽交い締めにして、危うく警察ざたになるところでした」

 長澤を「まーちゃん」と呼ぶほど親しく、まさに二人三脚で歩んできたが、そのマネージャーが一昨年に事務所を退社。それに追随する形で長澤の独立もささやかれた。しかし、長澤は残留することを決めた。

「長澤も彼には感謝していると思うのですが、仕事を受ける際には、ラブシーンはどこまでやるのか、キスはどういうアングルで撮るのかなど細かく確認してくるので、制作サイドとしても過激な作品のオファーは出しづらかったんです」(芸能プロ関係者)

 長澤が引き受けたくても、マネージャーの独断で断った作品は少なくなかったという。

 厳しいチェック体制が敷かれる中、長澤のラブシーンを振り返ってみると、最も話題になったのは11年に公開された映画「モテキ」(東宝)だろう。

「Tシャツの上からとはいえ、推定Eカップ胸を揉まれたり、キスをしながら水を口移しする場面がいやらしすぎました」(映画ライター)

 その翌年には、WOWOWドラマ「分身」でベッドシーンに挑戦。相手の男と抱き合いながら、素足を艶かしく絡ませるまではよかったが、長澤ボディは布団にくるまれたまま、情事は終わってしまう。

 その後の作品でもキスシーンはあっても、「完脱ぎ」は幻に終わっている。芸能プロ関係者によれば、長澤自身もファンの期待が耳に届いているのか、

「(いつ脱ぐのか)騒がれすぎるのも何だかなぁ。かといって脱ぎ損するのも嫌だし」

 と、周囲に漏らすこともあったようで、

「作品に必然性があれば脱ぐ覚悟はあっても、どの作品で脱ぐべきか決めあぐねていたのかもしれません。それでも最近は、敏腕マネージャーと離れた影響なのか、『役の幅を広げたい!』と意気込んでいます」(芸能プロ関係者)

 あらゆる条件がそろったことで、長澤がついにGOサインを出したのか。映画「MOTHER マザー」の公開が待ち遠しい限りだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは