女子アナ

日テレ笹崎里菜、「言葉のプロらしからぬ文章」に同僚から「アナ失格」苦言!

「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系)など情報番組を担当している同局の笹崎里菜アナ。

 2015年に入社した彼女だが、アナウンサーへの道のりはまさに同局の人気バラエティ番組ではないが、まさに「波瀾万丈」。

 内定通知を受けたものの「学生時代にホステスのバイト歴」があったとして内定は取消に。日本テレビを相手取った裁判を経て、局との和解の末に入社している。

 その後、様々な番組に出演している笹崎アナだが、ネット上での「ある投稿」に彼女の同僚から猛クレームが──。

 笹崎アナについて「年々アナウンス能力が上がってきたとの評判だったのですが、先日のインスタグラムに投稿した文章が『言葉を扱うプロとしては考えられない』ひどいものだったんです」と語るのは同局の社員だ。

 問題の投稿は2月1日に彼女がアップした同期の尾崎里紗アナとのツーショット。

〈昨日は朝から晩まで一日中一緒 ずーーーーっと話してました 永遠と話していられる 最近またozakigram化してきた〉と綴っている。

 一見、問題なさそうな文章だが前出の日テレ社員は「あまりに恥ずかしい間違いを犯している」と憤る。

「彼女は『永遠と』と書いていますが、これは『延々と』の誤用。若者が間違いがちな言い回しですが、こんな“初歩の初歩”も身についていない笹崎アナには『アナウンサー失格』と言いたいぐらいですよ」(前出・日テレ社員)

 この厳しい声、彼女はどう受け止めるか。

(牧マコト)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
浜田雅功も卒業…今田耕司が明かした“スパルタ母校”の「リンチ」仰天エピソード!