芸能

天才テリー伊藤対談「あやまんJAPAN」(2)一晩でハットトリックを決めた?

テリー 確か「あやまん」は、監督の本名からとっていたんだっけ

監督 そうです、当時はアヤパン(高島彩)人気がすごくて、あやかりつつもかぶらない方向を探って「あやまん」に決めました。

テリー 「まん」はアレかな?(笑) さておき、結成前の監督はどんな女の子だったの。

監督 中学生までは真面目でしたが、高校の時にコギャルブームが来たので、さっそくガングロにしまして。当時は「群馬一黒い」と言われていました。

テリー いいねぇ。俺、コギャル大好きだよ。

監督 で、高校卒業のあと地元の群馬で働いていたんですけれど、22~23歳ぐらいの時、かわいいコスチュームに憧れてイベントコンパニオンの事務所に登録したんです。お仕事がある時だけ東京に行っていたら、イケイケのお姉さんと出会って、Jリーガーの飲み会に誘われたのが、あやまんJAPANの始まりです。

テリー ということは、Jリーガーとエッチしたんだな?

監督 ウフフフフ、まぁ、ゴール(セックス)を決めた試合(飲み会)もありましたね。

テリー 一晩でハットトリックを決めたりして。

監督 いえ、私、意外に一途なんですよ。年間500~600試合やっていた時もあるんですけれど、真面目なヤリマンなので(笑)、「この人なら」と思える人としかシナいんです。

テリー ワハハハ、言葉が矛盾しているって。しかしよく考えたら、そんなにエッチしまくっていたら、すぐに悪い噂が立っちゃうものな。

監督 そうなんです。監督は一応幹事の立場ですから。私がメチャクチャだと、みんな離れていっちゃう。

テリー 「あいつ、すぐヤラせるぞ」って噂になったら、それこそヤリ目的のヤツしか集まってこなくなるから場の雰囲気も乱れるし。ちなみに、これまでつきあった男性は何人くらい?

監督 キチンとしたおつきあいなら、本当に2~3人ですね。

テリー へえ、それは本当に意外だ。ところで、オリジナルメンバーの2人がやめちゃったのは、どういう理由だったの?

監督 ファンタジスタさくらだは、スチャダラパーのBOSEさんと12年に結婚したのがきっかけです。

テリー ああ、彼女はスチャダラパーの大ファンだったんだよね。

監督 イベントで共演した時に「今度、試合しましょう」とBOSEさんの上に乗ったら、それが実現してアレヨアレヨという間に。完全に勝ち逃げですよ!

テリー ある意味、夢がかなったってことだ。

監督 で、もう一人のルーキタエは「もう、あやまんJAPANでやりたいことはやりきった」「新たな環境に行きたい」ということで、15年にマイアミへ留学しちゃいました。

テリー そんな生意気なこと言ったのか(笑)。そんな状況で、どうして監督はあやまんJAPANを続ける選択をしたの?

監督 正直、中心メンバーのさくらだが辞めた時には人生の岐路に立った気分になりましたし、解散するという選択肢も考えました。でも「自分は、まだやりたいことができてないんじゃないかな」という気分がなんとなくあったんですね。

テリー 「やりきった」と言っているメンバーがいるのにね。きっと目指した風景が違ったんだろうな。

監督 あと、自分の名前が付いているチームを、そう簡単になくす気になれなかったというのも、正直な気持ちです。それで、あらためて新メンバーを探すことにしたんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
4
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
5
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?