芸能

川口春奈、大河現場で大物俳優に受ける「可愛がり密着レッスン」現場とは!?

 長谷川博己が明智光秀役を演じるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の視聴率が好調をキープしている。

 2月9日に放送された第4回の平均視聴率は、13.5%で前話より2.6%と下がったが、同日午後6時から放送のBSプレミアムは4.0%を記録。ドラマ開始から最高を記録した。

沢尻エリカの薬物スキャンダルで波乱の船出を迎えたが、朗報だったのは、代役として織田信長に嫁ぐ帰蝶役に抜擢された川口春奈の存在だった。

「大河どころか時代劇が初挑戦。そのうえ、出演決定から12月3日のクランクインまで2週間しか時間がなかったのに、セリフ覚えが良いだけではなく、相当台本を読み込んでいて共演者を驚かせていました。4人いる演出担当者のオーダーにも柔軟に対応しています」(NHK関係者)

 初の大河撮影で奮闘している川口だが、それでも準備期間の短さは簡単にカバーできていなかった。本木雅弘(54)扮する父親の斎藤道三に会いにいくため、馬に乗って城に向かうなど、これまで何度か乗馬のシーンが放送されているのだが…。

「未経験者の場合はクランクインの前から訓練して撮影に臨むのですが、川口の場合は練習時間が2時間しかなかった。沢尻の時より乗馬のシーンを短くして、後ろ姿を撮ったりするなどまだまだ大変なようです」(芸能プロ関係者)

 川口が大変なのは乗馬だけではなく、時代劇ならではの所作や言葉遣いを覚えなければならなかった。そこで助け舟をだしているのが、ベテランの大物俳優陣だった──。

 そんな「密着レッスン」の詳細は、2月18日発売のアサヒ芸能2月27日号で特集されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント