芸能

芸能界「魔性の女」完全ランキング<昭和流転編>(2)「泥棒猫」と罵倒された大竹しのぶ

 3位は昭和と平成をまたぐアイドル歌手の松田聖子(57)。85年、郷ひろみと破局した際には「生まれ変わったら一緒になろうね」という名言で周囲をアゼンとさせた直後、わずか5カ月後には神田正輝と挙式し、「聖輝の結婚式」と言われたものだ。

「86年に一人娘の沙也加が生まれますが、89年には中森明菜とつきあっていたはずの近藤真彦とのニューヨーク密会を『フライデー』にスッパ抜かれた。90年代に入ってからは青い目の恋人と言われたジェフ・ニコルズやアラン・リードとの交際と続いて、やっと97年に神田と離婚しました」(峯田氏)

 98年に歯科医師との「ビビビ婚」が話題になり、00年に離婚、12年にまた別の歯科医師と結婚‥‥。いくつになっても異性の影が消えては浮かんでいく。

 2位田中裕子(64)はジュリーの略奪愛で一躍、注目の人に。沢田研二は双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の姉・伊藤エミと75年に結婚。幸福な夫婦関係にヒビが入るのは7年後の82年だった。ジュリーのコンサートで出会った田中はこの年に映画「男はつらいよ」で沢田と共演、抜き差しならない男女関係に。別れる選択肢はなく膠着状態が続き、86年にジュリーが伊藤と息子を残して自宅を出た。

 結婚まではさらに時間を要し、挙式は89年。「私は沢田さんという大好きな神様に会えた」と語った。まさに男を惑わし奪い尽くす女優だった。

 1位は明石家さんまとの結婚&離婚がもはやネタとなっている大竹しのぶ(62)。最初の相手はTBSプロデューサーの服部晴治氏。バツ2の服部氏は中村晃子とつきあっていた。そこに大竹が割り込み略奪した形だが、中村には「泥棒猫」と、さんざん罵倒された。そして87年に死去した服部氏の喪が明けた88年に、さんまと電撃結婚する。

 92年に離婚、当時出会ったのが再々婚相手の劇作家の野田秀樹氏だった。ワイドショーデスクの話。

「野田は1年後の93年に前夫人と離婚し、94年4月にお互い別々に結婚会見を開いた。大竹は『迷いはなかった』と語り、覚悟のうえの略奪でした」

 結局、野田氏との関係もその後、解消。17年には「過去の男は30人以上」と豪語するなど、お盛んな下半身事情も赤裸々に明かした。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策