芸能

天才テリー伊藤対談「岡田紗佳」(1)中国の麻雀は日本よりも身近で簡単

●ゲスト:岡田紗佳(おかだ・さやか) 1994年、東京生まれ。6歳から12歳までを上海の祖母宅で過ごし、麻雀を覚える。2011年、高3の時に「non-noモデルオーディション」グランプリ受賞。18年まで「non-no」専属モデルを務め、グラビアやバラエティーでも活躍。17年4月より「日本プロ麻雀連盟」所属の女流プロ雀士に。18年、「芸能界麻雀最強位決定戦THEわれめDEポン」(フジテレビONE)で、本人も番組も初の役満「九蓮宝燈」を成立させ話題に。19年、Mリーグに新規加入の「KADOKAWAサクラナイツ」からドラフト指名され、Mリーガーに。原作を務める麻雀漫画「ゴールデン桜」の1巻が発売され、現在も「近代麻雀」(竹書房)で連載中。最新写真集「secret trip」(彩文館出版)も発売されている。

 豊かなGカップバストにキュッと締まったウエスト、まぶしい美脚がそろった「役満ボディ」でグラビア、バラエティー界を騒がせる一方、女流プロ雀士としても活躍中の岡田紗佳。美貌と頭脳を兼ね備えた勝負師を相手にハコテントークは許されない。天才テリーの一手が光る!

テリー 最新写真集「secret trip」を見せてもらったよ。すごいプロポーションだね。

岡田 アハハ、ありがとうございます。撮影時のメイキングやインタビューを収録した同タイトルのDVDも出ていますので、そちらもぜひ見てください。

テリー ファッションモデル、グラビアアイドルをこなす美貌とボディはダテじゃないよな。しかもプロ雀士なんだってね。

岡田 はい、3年前から日本プロ麻雀連盟に所属しているんですが、その連盟から「プロ雀士にならないか」と、声をかけてもらったんです。

テリー 俺は麻雀って全然できないんだけれど、それはやっぱり、プロになるためのテストがあるの。

岡田 そうです、筆記問題、あと計算問題が多くて。何回戦もやって上位2名のみ通過できるゲームがある場合、今の状態からあと何点で上がればトップになるのか、メンチンの待ちはどうなるか、みたいな計算を求められるんです。

テリー へぇ~、話を聞いているだけでキツそうだ。

岡田 私、もともとオタク気質で試験勉強も苦にならなかったんです。本を読んだり、女流の麻雀プロが出席する勉強会に誘われて参加させてもらったりしたので環境もよくて、1年で合格しました。もともと6歳から12歳まで中国のおばあちゃんの家で暮らしていて、麻雀はそこで覚えたので親しみもありましたし。

テリー そうそう、プロフィールを見ると紗佳ちゃんはハーフなんだってね。

岡田 お父さんが日本人、お母さんが中国人です。(中国では)近場の人たちが集まって麻雀をする時におばあちゃんが卓を貸していて、それを見ているうちに。向こうの子供は、けっこうできるんですよ。

テリー 確かにうちの親父も家で花札をやっていて、俺も見よう見まねで覚えたものなァ。

岡田 中国ではトランプみたいな、もっと身近なゲームという感じです。

テリー 中国の麻雀のルールは日本と同じなの?

岡田 全然違いますね、裏ドラやフリテン、リーチはないですし。

テリー やってみて、どっちが難しい?

岡田 日本のほうが難しいです。ルールも多いし、点数にしたって、向こうは1点、2点、3点みたいな感じで簡単なんです。

テリー 日本人は何でも凝ったりひねったり、頭のよさそうな感じにしちゃうからね。ラーメンだって向こうとは全然違うでしょう。

岡田 う~ん、もっとあっさりしているかもしれないですね。そもそも、ラーメン屋さんが、あんまりないです。餃子も日本では焼き餃子が基本ですけれど、あちらでは水餃子だし。

テリー なるほどね。中国発祥のものが、そのままの形で日本にあるわけではないんだね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”