芸能

上野樹里「新・視聴率女王」への覚醒(2)役に入り込む「憑依型」女優

 そうした自我を貫く時は、誰が相手でもひるまない。

「主演した『江』の撮影現場で大先輩の宮沢りえ(46)や鈴木保奈美(53)にいきなりタメ口で話しかけて空気を凍りつかせたこともあります。さらには17年、亀梨和也(34)主演のドラマ『ボク、運命の人です。』(日テレ系)のキャスティングを巡り、当初ヒロイン役に内定していたものの、所属事務所の説得もむなしくかたくなに固辞して、急遽代役を立てる事態になったことも‥‥」(スポーツ紙芸能デスク)

 トラブル、武勇伝が尽きない上野だが、所属事務所関係者はこうフォローする。

「上野に関するネガティブな報道については当時、かなり頭を痛めましたが、結果的には彼女の高いプロ意識の表れと言うしかないですね。一部メディアの取材に対する厳しいスタンスは彼女の作品にかける思いの強さが反映された格好で、『なんで作品と関係のない私生活の質問なんかするの!?』という純粋な怒り。自身が演じる役に対するこだわりがかなり強い人ですから」

 そして先輩共演者へのタメ口についても、頑とした女優気質が関わっているという。

「ホメられた行為ではないですが、徹底的に役作りをし、その役に入り込む『憑依型』女優の上野ならではなんです。決して先輩を軽んじているわけでも、悪意があるわけでもありません。不器用ながらも真剣に作品に取り組む姿勢は、撮影でともに時を過ごすうち、共演者やスタッフの方々にご理解いただけることが少なくない。『江』では過去に共演歴があり、彼女の性格をよく知る大竹しのぶさん(62)や岸谷五朗さん(55)が中心になって現場を盛り上げて、上野を支えてくれました。もっとも、当の上野は収録の合間に親しげに馬に話しかけるなど、マイペースぶりは相変わらずでしたが、極端にクローズアップされるほど悪い子ではないですよ」(所属事務所関係者)

 類いまれなる演技力と高いプロ意識を持つ反面、自分の感情に正直すぎるがゆえに、時には周囲とのあつれきが取り沙汰されてきた。だが、近年はそのまっすぐすぎるスタンスにも変化が見られるようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?