芸能

人気グラドルのRaMuが外国人から「新型コロナ差別」を受けていた!?

 世界中に感染が拡大する新型コロナウイルスで、感染源となった中国を含むアジアの人々が「差別」の対象となっている。その差別はネットにも広がっており、人気グラドルのRaMuもその差別を向けられたというのだ。

 RaMuは2月29日、スマホアプリの「TikTok」で公開した動画に海外から大量のコメントが寄せられた件について〈どうやら私、コロナウイルスって呼ばれてるっぽい〉とツイート。〈TikTokでもアジア差別起きてるんか…?めちゃくちゃ悲しいんだけど〉とツラい体験を綴っている。

「RaMuは日本語翻訳されたコメント欄のスクショをアップ。そこには《コロナウイルスのジョークは面白かった》《コロナウイルスの母と思った甘い女の子》といった言葉が見受けられます。彼女のTikTok投稿には普段、数十~数百件程度のコメントが付くのに対し、今回の動画には1800件ものコメントが寄せられ、そのほとんどが海外からのもの。そこに《コロナウイルス》といった文字が並んでいるのですから、RaMuが心を痛めるのも無理はないでしょう」(芸能ライター)

 ただ、コメントがやたらと多かったのは、決してコロナウイルスが理由ではないという。RaMuは今、TikTokで大流行している「Patatak」という曲に合わせて、その歌詞を耳コピで歌った自撮り動画を投稿。その動画が海外で人気を呼んでいるというのだ。

「この曲はもともと『Kulikitaka ti』(クリキタカ・ティ)というドミニカの国民的なヒット曲。それを彼女は耳慣れないスペイン語のためか『トテテタカティ』と間違った歌詞で歌っています。それがスペイン語圏の人たちには《日本人の可愛い女の子が私たちの歌をたどたどしく歌っている》と映るため、おもしろがられているのです。本来なら国際交流とも言えるコメントがたくさん付いているのですが、一部の心無い人たちの差別的コメントのせいで、RaMu自身が悲しい思いをしているのは本当に残念なことです」(前出・芸能ライター)

 多くの外国人からは「la amo!」(大好き!)や「おもしろいよ、いい仕事だ」といった絶賛の声が寄せられている。RaMuにはぜひ、これらのポジティブなコメントで明るい気持ちになってもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?