社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<EDと生活習慣病>「『朝勃ちなし』の裏に潜む糖尿病と高血圧」

「最近、勃たない」「勃つ力が弱まった」など「ED」で悩む中高年は潜在的に多いとされている。その原因にストレスや疲れ、加齢と考えてあきらめずに、生活習慣病の可能性もあるので注意が必要だ。

 というのもEDは動脈硬化や神経系の障害などで発症する。特に糖尿病で高血糖状態が続くと、性的刺激が陰茎にスムーズに伝わらなくなったり、血液の流れが悪くなったりして、EDになる。ちなみに、糖尿病が進行しているほどEDも重度になりやすいと考えられている。

 また、高血圧も糖尿病に次いでEDになるリスクが高く、合併率は約7割と言われるほどで重症化しやすい。高血圧によって、陰茎海綿体の動脈の広がりが妨げられ、血液が十分に流れ込まなくなるためだ。服用している薬の影響も考えられる。

 また、肥満もEDにつながる要因となる。過食や運動不足が原因のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になると、体の細胞を損傷させる活性酸素が多く発生し、血管が障害を受けてしまうことでEDになる。

 特にBMI値が30kg/m2以上の場合、23kg/m2未満の人の約1.7倍のリスクがあると言われている。

 EDに悩む人が受診すべきは、まず泌尿器科だ。重要な目安となるのは「朝勃ち」の有無。実は睡眠時にも男性は陰茎に酸素を供給するので勃起を繰り返しているのが健康な状態。ところが血管が詰まり、血液の流れが悪くなると、睡眠時の勃起が起こらなくなり、朝勃ちもなくなってくる。そのため生活習慣病が疑われてくるのだ。

 EDのセルフチェックは一般的に「IIEF(国際勃起機能スコア)」が使われている。気になる人はネットなどでチェックしてみるのもおすすめだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!