社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<EDと生活習慣病>「『朝勃ちなし』の裏に潜む糖尿病と高血圧」

「最近、勃たない」「勃つ力が弱まった」など「ED」で悩む中高年は潜在的に多いとされている。その原因にストレスや疲れ、加齢と考えてあきらめずに、生活習慣病の可能性もあるので注意が必要だ。

 というのもEDは動脈硬化や神経系の障害などで発症する。特に糖尿病で高血糖状態が続くと、性的刺激が陰茎にスムーズに伝わらなくなったり、血液の流れが悪くなったりして、EDになる。ちなみに、糖尿病が進行しているほどEDも重度になりやすいと考えられている。

 また、高血圧も糖尿病に次いでEDになるリスクが高く、合併率は約7割と言われるほどで重症化しやすい。高血圧によって、陰茎海綿体の動脈の広がりが妨げられ、血液が十分に流れ込まなくなるためだ。服用している薬の影響も考えられる。

 また、肥満もEDにつながる要因となる。過食や運動不足が原因のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になると、体の細胞を損傷させる活性酸素が多く発生し、血管が障害を受けてしまうことでEDになる。

 特にBMI値が30kg/m2以上の場合、23kg/m2未満の人の約1.7倍のリスクがあると言われている。

 EDに悩む人が受診すべきは、まず泌尿器科だ。重要な目安となるのは「朝勃ち」の有無。実は睡眠時にも男性は陰茎に酸素を供給するので勃起を繰り返しているのが健康な状態。ところが血管が詰まり、血液の流れが悪くなると、睡眠時の勃起が起こらなくなり、朝勃ちもなくなってくる。そのため生活習慣病が疑われてくるのだ。

 EDのセルフチェックは一般的に「IIEF(国際勃起機能スコア)」が使われている。気になる人はネットなどでチェックしてみるのもおすすめだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!