芸能

日向坂46齊藤京子「涙そうそう」本気歌唱に泣き出すメンバーも!

 やはりその実力は本物だった!?

 日向坂46の齊藤京子が3月1日放送の同グループの冠番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)にて、美声を響かせた。

 同回では「帰ってきた世界一やりたい授業」と題した企画を放送し、齊藤はカラオケで高得点を取るためのコツについての授業を展開。自分の声に合った選曲をすること、カラオケを歌う上で抑揚が一番大事などといったポイントを挙げ、最後にはお手本として齊藤が夏川りみの「涙そうそう」を披露。

 日向坂随一の歌唱力を誇るメンバーと言われていることもあって、歌い始めから「しゃくり」や「ビブラート」などの加点テクニックを連発。

 その結果、採点は95点という高得点をマーク。また、その美声には全メンバーが聞き惚れ、番組MCのオードリー・春日俊彰もうっとりした表情を見せており、メンバーの東村芽依にいたっては感動のあまり涙を流してしまうほどだった。

 ファンからも「相変わらず歌うまいな」「普通にフルコーラスで聞きたかった」「さすが日向坂の歌姫」「きょんこがカラオケ番組で熱唱する姿が見たい」など、絶賛の声が上がっている。

「カラオケのコツを押さえていることもあって、点数もしっかりと高得点なのもそうですが、もともとの歌唱力が高いこともあって、機械ウケだけを狙っているわけでもなく、人の心にも響く歌声でした。また、過去に齊藤は広瀬香美の代表曲『ゲレンデがとけるほど恋したい』を熱唱していますが、それが偶然に広瀬本人の目に留まり、ツイッターで『90香美点!』『大人っぽい歌声ですね!素敵~』と、齊藤の歌声を絶賛していましたね」(アイドル誌ライター)

 2日には声楽家55人が忖度ナシでガチ投票で決める「1番歌が上手い女性アイドル総選挙」(TBS系)なる番組が放送され、坂道シリーズからは乃木坂46の生田絵梨花が8位にランクイン。

 残念ながらトップ20に齊藤がランクインすることはできなかったが、ハッキリ言って現在は“過小評価”とさえ言えそう。日向坂の活躍がより目立つようになった時にはおのずとと齊藤の歌唱力への評価も上がってくるはずだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?