芸能

藤田ニコルら“令和ギャルタレント3巨頭”、「芸能界サバイバル戦略」大研究!

 いまや芸能界のギャルタレント枠は、藤田ニコル(にこるん)、みちょぱ(池田美優)、ゆきぽよ(木村有希)の3人を中心にして回っている。今後、彼女たちの中で誰がその頂点に立つことになるのだろうか。

 そのサバイバルに向けてだろうか、大胆なイメージチェンジを仕掛けてきているのが藤田ニコルだ。モデル業界の関係者が言う。

「あくまでも3人の中での比較ですが、いち早くギャル系という括りから飛び出ようとしているのは、にこるんだと思います。代表的なお姉さん系ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルになったことは大きいです。今後はテレビだけではなく、インスタグラムなどのSNSを利用してイメージアップしていく戦略をとると思います」

 業界関係者の発言どおり、テレビなどではおバカ・毒舌キャラが注目されがちなにこるんだが、インスタの中ではそのムードを封印、オシャレで適度なお姉さん感を持ったステキ女子のイメージにあふれている。そのせいか注目度は抜群に高く、若い女性を中心に330万人以上のフォロワーを持っている。

 そしてもうひとつ、男性ならば見逃せない、にこるんの新たな方向転換が‥‥。

「積極的な艶っぽ路線の開放です。それもいやらしい感じではなく、あくまでもオシャレ感覚の色香。その代表的事例が今年2月、“最初で最後”と銘打った写真集『好きになるよ?』(講談社)の発売。その中で彼女は、アンニュイな雰囲気の手で胸を隠すカットを公開しました」(芸能記者)

 3度目の重版が決まった3月13日には、写真集には載せなかった“美ヒップ”を強調したバックショットをインスタグラムで公開。これらの艶っぽいアプローチこそが、ギャルから大人への脱皮を図る彼女の「戦略」なのだ。

 もちろん、他の2人も黙って見ているわけではない。3月24日発売の週刊アサヒ芸能4月2日特大号は、そんなギャルタレント3巨頭の芸能界生き残りを賭けた「次なる一手」に迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声