スポーツ

ヤクルト投手陣が大炎上で奥川恭伸の一軍デビューが「前倒し」になる!

 甲子園ヒーロー・奥川恭伸のデビューマウンドが変更されそうだ。

 東京ヤクルトスワローズの投手陣が10失点と大炎上したのは3月22日、阪神との練習試合だった。試合後、斎藤隆投手コーチはおカンムリだったようで、「どういう意識を持ってほしいか伝えました」と、緊急ミーティングの中身を明かしていた。

「本来なら、この日は開幕3連戦の最終日です。中継ぎ陣はペナントレース開幕に合わせて調整していたはずなので、緊急事態と言っていいでしょう」(スポーツ紙記者)

 しかも、ヤクルトは前日の同カードで、ベテラン捕手の嶋基宏が、死球により、右手親指付近の骨折してしまった。

「球団は全治までの期間を発表していません。そういう時は、重傷のケースだったことが多い。嶋には脆弱な投手陣を牽引してもらおうと大きな期待も寄せられていたんですが…」(前出・スポーツ紙記者)

 その影響だろう。「4月中に二軍で実戦も」と伝えられていた奥川の育成プランにも変更が囁かれ始めた。

 高津臣吾監督は3月19日に、奥川の二軍練習を直接視察している。二軍の戸田球場でのブルペン投球中、高津監督は奥川の真後ろに立ち、熱い視線を送っていた。投球練習を実際に見るのは同日が初めてだったという。「一軍デビューはさほど遠くない」との声も早くから出ていたが、

「16日に首脳陣が集まり、ペナントレースに向けた今後の調整法などが話し合われました。その席上で奥川の話も出ています」(球界関係者)

 高津監督の構想にはやはり奥川の名前もあるようだ。

「二軍戦で1回投げさせ、次の登板まで肩や肘などに痛みが出ないようであれば、2度目の投球内容を見て一軍に、というスケジュールが16日の会合で確認されました。でも、2度目の実戦登板が一軍になる可能性が出てきました」(前出・球界関係者)

 ブルペン投球を見た高津監督の感想は、「一軍でも通用する」だった。「慎重を期して」の思いもあるようだが、そんな余裕はない。4月上旬に公式戦がスタートできないようであれば、その期間を利用して、一軍デビューを視野に入れたスケジュールに変更させるだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ