芸能

あのエド・はるみがエガちゃんに「ラブコール」!?その“真意”とは

 お笑いタレントのエド・はるみといえば、親指を突き立てて「グ~」と独特の声色を上げるギャグで一躍有名になり、この「グ~」は2008年の流行語大賞を受賞した。また同年には〈24時間チャリティーマラソンランナー〉に選ばれており、当時テレビで観ない日がないほどの売れっ子だった彼女だが、2019年12月からYouTuberデビューしていたのをご存知だろうか?

 彼女のYouTubeチャンネのタイトルは〈エド・はるみの未来人間学〉。チャンネル説明欄には『今までの人生経験で得た「生きる知恵」や「役に立つ情報」をみなさまにシェアしたいと思います!』と、かつての彼女からは想像もつかない。

 内容もその通りで、〈すぐ動く人のメリット〉〈ヤル気を高める3つの方法〉〈嫌われない質問の仕方〉など“観るビジネス書”のような動画ばかりなのだが、2月16日投稿〈【感動】エガちゃんねるに感動しすぎて、その思いをお話ししたくなりました!江頭さん、最高です!〉は違った。

「ネット上でニュースにもなってますけど、江頭2:50さんのYouTube、この年代の私のハートにグッサリきまして、感動なんですよね。江頭さんてこんなに素敵な方だったんだって」と、まずは、エガちゃんをベタ褒めする発言からスタート。

 世代を問わずエガちゃんが愛されていることや、スタッフが食べていけるかどうかを気遣うエガちゃんの姿に「心洗われるというか、(エガちゃんを)ずっと見てたくなる」と、絶賛だった。さらには、夫がいることを断りつつも、「江頭さんのような人と結婚していたら、まあ今の夫もすごいいいんですけど…、なんかこう、ホッコリするというか、女性が本当の幸せを感じる方なんじゃないかな」などと訥々と「ラブコール」を送ったのだった。

 これを受けて、エガちゃんのYouTubeチャンネル〈エガちゃんねる〉、3月13日投稿〈EGACKT降臨!〉の中で、エガちゃんが「エド・はるみ、メッセージありがとう!YouTube見たよ!」とコメントした。

 この効果で、エガちゃんねるからエドのYouTubeに足を延ばしたファンもいるだろう。しかし、彼女のチャンネル登録者数は3月15日現在4000人に達していない。

 なぜ、マジメ路線に変更のエドが、先の回だけエガちゃんに触れたのか疑問が残る。登録者数を伸ばすだけならコラボ企画などに積極的になるべきだし、「観るビジネス書」路線であれば、不用意にお笑い芸人を口にすべきではないのでは…とも思ってしまう。ともあれ、お笑いの勢いのあった頃のエドのように、ブレずに「グ~」を言う姿も見てみたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”