芸能

カジサックは面白くないから成功?/芸能ユーチューバー「成否の境い目」(5)

 まさかここまで成功するとは─と多くの芸人を驚かせているのは、カジサックことキングコングの梶原雄太のことである。

「2019年12月までにチャンネル登録者数が100万人に届かなかった場合は芸能界を引退する」との公約とともに、「カジサックの部屋」(現在のチャンネル名は「カジサック KAJISAC」)を開設したのは、18年10月1日。一本目の動画は低評価が3万を超えるという厳しい船出だったが、順調に登録者を伸ばしていき、公約の期限を半年残し19年7月に100万人を達成。現在は、184万人にまでその数を伸ばし、200万人超えも見えてきた。

「かつて母親の生活保護受給騒動で大バッシングを受け、テレビの仕事を激減させた梶原ですが、有名芸能人であるというプライドを捨て、ヒカルやラファエルなど、人気ユーチューバーに教えを請い、本気で取り組んでいるという姿勢が視聴者に伝わっていきました。吉本興業にもしっかりと仁義を切り協力体制を得て、他チャンネルではなかなかお目にかかれない人気芸人のブッキングがしやすくなっているのも、大きな強みです。ほかの芸人たちがYouTubeで得る広告収入の取り分を上げるよう交渉し、それを認めさせた功績も大きい。様々な面で芸人ユーチューバーの在り方を変えた存在であることは、間違いありません」(芸能記者)

 加えて、もともとその芸風がYouTube向きであったことが、極められた最大の要因だろう。

「梶原の相方のキングコング西野に、有吉弘行が“元気な大学生”というあだ名をつけたことがありますが、その雰囲気は梶原も同じ。本当におもしろいかどうかよりも、企画を純粋に楽しんでいる姿を見せられるかが成否を分けるYouTubeに、その軽い芸風が合っていましたね」(前出・芸能記者)

 そんなにおもしろくないからこそ、成功したとも言える。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!