芸能

インリン、44歳の元“艶テロリスト“の「変わらぬ美オーラ」に絶賛の声続々

 タレントのインリンが自身のオフィシャルブログを更新し、卒園式に参加した子供たちの成長を喜んだ様子を伝えた。

 去る3月14日のことだが、「双子の卒園式」と銘打ってエントリーされた記事で、インリンは〈今年はコロナウイルスの影響でプログラムは例年よりもかなり短縮しましたが、それでも卒園証書を受け取る子供達の姿を見て、ジーンとして感動してしまいました〉と綴り、2013年に出産した双子の男女児の横に並ぶ写真を掲載。続けて、〈子供達は皆堂々として、すごく頼もしく見えました! 幼稚園に入学した日が懐かしい!本当に成長したなぁと 卒園本当におめでとう〉とたくましい成長ぶりと2人の卒園を祝福した。

 現在は育児に専念し、「ママブロガー」としての活動をメインとしているインリン。なかなか日本のバラエティ番組に登場する機会は少ないものの、同回のブログにアップされた写真には44歳とは思えない美しさとスリム体型をキープする彼女の姿が確認できる。

「日本でもこのブログ記事がネットニュースで配信されましたが、コメント欄には記事の内容そっちのけで現在のインリンの可愛さに脱帽する声であふれ、かつて『インリン・オブ・ジョイトイ』の名前で活動し、“艶っぽいテロリスト“という意味の異名で一世を風靡した彼女の根強い人気ぶりがうかがえます。《今でも可愛い》《やっぱ美人やなー》《綺麗で優しい素敵な方。どストライクでした 笑 大好きです》《子供からしたら自慢のお母さんだな》と母としてのインリンが放つ『美のオーラ』への絶賛の声が多く見受けられました。全盛期には十八番の“M字開脚“で日本中の男性を虜にしながら、深夜のバラエティ番組では料理ベタな一面も垣間見せ、どこか応援したくなるようなキュートな空気感をまとっていたインリンですが、ブログではキレイにこしらえた子供のお弁当の写真もアップ。子供たちだけでなくインリン自身も立派な母としての成長を続けているようです」(テレビ誌ライター)

 自身のYouTubeチャンネル「インリンちゃんねる」からは、台湾のおすすめ料理や、現地の流行に関する情報を発信し続けているインリン。3人の子供を育てながらも相変わらずの艶オーラを放っており、新型コロナの話題を一瞬忘れるほどの美しさだったと言えるだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」