芸能

松田聖子 デビュー40周年の全秘話(2)バイオリンのスラーを生かせ

 当時のアイドルにはキャッチフレーズがつきもの。CBS・ソニーで宣伝を担当した西岡明芳が当初考えたのは「抱きしめたい!」だった。それが最終的に「抱きしめたい! ミス・ソニー」となったのは、社内で聖子を推す声が増えてきたからだ。

 そこに再びアクシデントが襲う。デビュー曲「裸足の季節」は資生堂とのタイアップが決まり、歌詞と商品名がリンクする「エクボ洗顔フォーム」のCMにも出演する予定だった。立ち会った西岡が回想する。

「CM用のフィルムも撮っていたし、十分にかわいく映っていたよ。しかし残念なことに、彼女にはエクボがない。そのためクライアントが難色を示し、別の子が出演することになった」

 西岡たちは、あやうく曲まで消えそうになったのを、再三の説得でなんとか残してもらった。その結果、歌声だけは大量にオンエアされたのである。西岡は曲名にちなみ、裸足でプロモートに駆けずり回ったという逸話を残している。

 デビュー曲を手掛けたのは、新進の作曲家・小田裕一郎だった。小田は、聖子の印象をこう語った。

「高音部が豊かな声量できちんと出るのはもちろん、低音部の発声もすばらしかった。低いパートって、ともすれば宝塚歌劇のような仰々しい歌い方になったりするけど、彼女はハスキーで魅力的な声が出た」

 そして小田は、聖子のセールスポイントとなりうる「聖子節」の完成に取りかかる。

「バイオリンやフルートには『スラー』という演奏記号があって、いくつかの音符を弧でくくり、音と音をなめらかにつなげる。イメージとしてそんな歌い方をやらせてみたんです。ひとつひとつの音に対し、両側からすべらせながら歌うという感覚。これができることによって、例えば3作目の『風は秋色』に『あなたのせいよ』って歌詞があるけど、これが『~SAY YO』と洋楽的に聴こえる効果をもたらした」

 圧倒的な聖子の音感がそれを可能にした。ところが、そんな聖子が音を上げた瞬間がある。4枚目のアルバム「風立ちぬ」(81年10月)だ。A面を当時「A LONG VACATION」が大ヒット中の大瀧詠一がプロデュースしたことで話題になったが‥‥、若松が振り返る。

「正直、大瀧さんのメロディーは最後まで決まっていなかった。だからレッスンさせて聖子の歌声を聴きながら、どんどんと曲調が変わっていく。これにはさすがの聖子も『もう大瀧さんの曲は歌いたくない』って珍しく弱音を吐いたよ」

 デビュー以来の過酷なスケジュールがピークに達したこともあり、聖子自身の声も疲れ果てていた。もっとも、シングルカットされた「風立ちぬ」は、そんな舞台裏を感じさせないほど完成度の高い楽曲に仕上がり、秋の名曲として今も親しまれている。

(石田伸也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?