芸能

追悼・志村けん「変なおじさん伝説」(2)ボトルの酒を全部ぶちまけ

 国民的番組だった「8時だョ!全員集合」(TBS系)の全盛期、ドリフ5人の遊び方は想像を絶するスケールだった。

 激務の合間を縫って年に3~4回はラスベガスに招待を受け、ドリフ全員でカジノ豪遊。近年、加藤がテレビ番組で明かしたが、移動の飛行機はファーストクラス、ロスからベガスまではプライベートジェットが迎えに来て、超高級ホテルのスイートも無料だったという。そんな、遊びにも全力投球する姿勢は、最若手メンバーの志村にも受け継がれていた。

「いちばん飲んだのは『加トケン』(TBS系)や『だいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)やってる頃だったね。仕事がムチャクチャ忙しいと、頭を切り替えるためにかえって飲む。田代まさしや桑野信義たちを連れて、朝まで飲んでいました。収録が終わるのが深夜2時頃。それでもクラブやディスコなど最低3軒は行きましたよ。一晩に100万円くらいになるんじゃないかな。税務署から『二次会まではOKですけど、三次会は経費として認められません』って言われた」

 さらには、

「(片岡)鶴太郎とクラブに行って、横についた女の子がショータイムのために着替えに行ってるすきに、その子のグラスにポコ○ン入れたり、ショーのリハーサル中にスカートの真下に入ったり‥‥と2人で大騒ぎしたな」

 生涯独身を貫いた志村だったが、それはネオン街への愛着が人一倍強すぎたゆえのことだったのか。志村の飲みっぷりをよく知る民放局関係者が明かす。

「真っ赤なウインナーが出てくるような安居酒屋でもよく飲んでいましたが、やっぱり通い詰めるのは女性がいる店。かつてはお決まりの酒が高級胡麻焼酎の『紅乙女クリスタル』で、水をちょっとだけ入れて混ぜずにほぼロックで飲むんです。一時期通っていた高級クラブは、店内に大きな水槽があって、その中でロシアン美女が泳いでいるようなすごいところでした。酔いが進めば、おふざけでホステスのお尻やオッパイを触ります。それで女の子が嫌がると、芸人のサガなのか、フルーツ盛りを注文して、ボトルの酒を全部その器にぶちまける。そんな『怒っちゃやーよ』と言わんばかりの破天荒なパフォーマンスもやっていた。最近はよく知られているように、麻布十番のガールズバーにハマッていましたね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス