芸能

追悼・志村けん「変なおじさん伝説」(2)ボトルの酒を全部ぶちまけ

 国民的番組だった「8時だョ!全員集合」(TBS系)の全盛期、ドリフ5人の遊び方は想像を絶するスケールだった。

 激務の合間を縫って年に3~4回はラスベガスに招待を受け、ドリフ全員でカジノ豪遊。近年、加藤がテレビ番組で明かしたが、移動の飛行機はファーストクラス、ロスからベガスまではプライベートジェットが迎えに来て、超高級ホテルのスイートも無料だったという。そんな、遊びにも全力投球する姿勢は、最若手メンバーの志村にも受け継がれていた。

「いちばん飲んだのは『加トケン』(TBS系)や『だいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)やってる頃だったね。仕事がムチャクチャ忙しいと、頭を切り替えるためにかえって飲む。田代まさしや桑野信義たちを連れて、朝まで飲んでいました。収録が終わるのが深夜2時頃。それでもクラブやディスコなど最低3軒は行きましたよ。一晩に100万円くらいになるんじゃないかな。税務署から『二次会まではOKですけど、三次会は経費として認められません』って言われた」

 さらには、

「(片岡)鶴太郎とクラブに行って、横についた女の子がショータイムのために着替えに行ってるすきに、その子のグラスにポコ○ン入れたり、ショーのリハーサル中にスカートの真下に入ったり‥‥と2人で大騒ぎしたな」

 生涯独身を貫いた志村だったが、それはネオン街への愛着が人一倍強すぎたゆえのことだったのか。志村の飲みっぷりをよく知る民放局関係者が明かす。

「真っ赤なウインナーが出てくるような安居酒屋でもよく飲んでいましたが、やっぱり通い詰めるのは女性がいる店。かつてはお決まりの酒が高級胡麻焼酎の『紅乙女クリスタル』で、水をちょっとだけ入れて混ぜずにほぼロックで飲むんです。一時期通っていた高級クラブは、店内に大きな水槽があって、その中でロシアン美女が泳いでいるようなすごいところでした。酔いが進めば、おふざけでホステスのお尻やオッパイを触ります。それで女の子が嫌がると、芸人のサガなのか、フルーツ盛りを注文して、ボトルの酒を全部その器にぶちまける。そんな『怒っちゃやーよ』と言わんばかりの破天荒なパフォーマンスもやっていた。最近はよく知られているように、麻布十番のガールズバーにハマッていましたね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
2
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
菅野智之に首脳陣が「困惑声」…原巨人“2位でもグダグダ”なチーム事情とは