芸能

追悼・志村けん「変なおじさん伝説」(1)初同棲の相手は女子高校生

 追悼番組で盟友・高木ブーはこう言った。「志村は死なないの。ずっと生きてる」──。「喜劇王」を送るのに涙ばかりでは失礼。心の中の“志村けん”を忘れないため、愛すべき「変なおじさん」が遺した伝説を語り継ぐと同時に、その不在とコロナ禍がもたらした芸能界のパニックぶりをレポートする。

 志村が芸の道を志したのは、高校を卒業する68年の2月。芸能人の住所録に掲載されていた、いかりや長介(04年没)の自宅前に座り込み、弟子入りを志願したエピソードは有名だ。当時の「爆笑下積み生活」を、志村本人がかつてアサ芸にこう激白していた。

「その頃は靴も買えなかったから、仲よくなったテレビ局の小道具さんからわらじをもらってずっと履いていたの。だけど、都内はアスファルトだから3日くらいしかもたない。すれるから藁がほどけちゃって、半分ぐらいは素足になっちゃうわけ。電車に乗ると周りの客が変な目で見るんだよね」

 当時はいかりや宅近くのアパートの一室で、付き人3人が共同生活。仕事が終わるや、閉店間際の銭湯に駆け込む毎日だったそうだ。

「ある時、風呂の帰りに『ちょっと一杯やってくか』と新米の付き人を誘ったら、『いえ、今夜は僕、いいです』って断るの。で、残り2人で飲み屋に行ったら偶然休みで、しょうがなく部屋に戻った。そしたらそいつ何してたと思う? 『プレイボーイ』開いてシコシコやってやんの。かく言う僕だって、もうテレビ局のトイレぐらいしか、やるとこがないんだけどね。情けなかったなぁ」

 そんな窮屈な生活から抜け出したくて、人生で初めての「同棲」を始めたのも付き人時代のことだった。

「新宿の成子坂ってとこに3畳で6500円の部屋があって、そこで一緒に住んだんですよ。相手は16歳の女子高校生。今だったら捕まっちゃうって。まさに『神田川』の世界。長くは続かなかったね。すぐいかりや長介さんにバレてしまい、『単独行動するんじゃねぇ!』って、こっぴどく怒られて終わっちゃったよ」

 おじさんならぬ「変なお兄さん」だった青春時代を経て、74年にザ・ドリフターズに正式メンバーとして加入。「東村山音頭」や加藤茶との「ヒゲダンス」を大ヒットさせ、一気にスターダムに上り詰めた。ドリフ人気も最高潮に達し、あれほどつつましやかだった生活が大きく一変していくのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
4
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
5
吉岡里帆、「レンアイ漫画家」演技に「ゾワゾワする」「あのドラマの再来?」指摘!